生姜のおかずで脂肪の蓄積も抑える!?生姜を新しい食事習慣に!

前回は生姜湯を紹介しましたが、幾ら健康に良いとは言え飽きることも確か。
様々なメニューを用意して、様々な味を楽しめなければ継続できません。
いかにして手を抜き、効果を出しながら継続するかを考えます。

「生姜の酢漬け」で脂肪の蓄積を抑制!?おかずの一品を新習慣に!

生姜と酢を組み合わせた酢生姜も、生姜湯と同様にそれぞれの良いとこ取りをしたメニューです。
朝食だけではなく食事の一品としておすすめ。

「生姜の酢漬け」の作り方

こちらのレシピはとても簡単。
薄切りした生姜を1~3日ほど酢につけるだけ。
こちらは加熱せずに生の状態で食べますが、生の生姜に含まれるジンゲロールには脂肪蓄積を抑える働きがあります。
そしてには便秘解消や代謝アップ、脂肪燃焼、血糖値の上昇を抑える働きがあり、太りにくいカラダ作りには必須!
お酢を使ったダイエットが話題になったことがありますが、このような効果を狙ったものです。
味が苦手な人はリンゴ酢など試してみると良いでしょう。
【参考】リンゴ酢

「生姜とレモンのはちみつ漬け」で、疲れやすい体質にエネルギーチャージ

こちらは、風邪をひきやすい人や疲れやすい人、肌荒れが気になる人におすすめ。
ダイエットをしながら健康的なカラダ作り、美肌作りができます。
レモンと言うと美肌づくりや疲労回復のイメージが強いですが、腸内環境を整えて便通を良くしたり、血液をサラサラにするなどの効果もあります。
カラダを温める生姜と組み合わせれば、冬のダイエットと美肌づくりに最適なメニューの出来上がり。

「生姜とレモンのはちみつ漬け」の作り方

スライスした生姜とレモンをはちみつに漬けておくだけです。
1晩寝かせておけばはちみつが生姜とレモンにしみこみ食べやすくなります。
そのまま食べても良し、お湯や水で割っても良し、お好みの食べ方・飲み方を見つけてみてください。
燃焼体質を作るためには、朝、起床後にしっかりと体温を上げる習慣を身に着けることが大切です。
朝の新しい時短ダイエット習慣としてぜひ今日から始めてみてください。

粉末のウルトラ蒸し生姜なら簡単に長く継続できる!?

蒸し生姜の状態から粉末にされた商品が売っていますのでご紹介。
前回紹介した生姜湯の既製品は飲み物に特化されていますが、こちらは料理や飲み物に加えるタイプ。
お湯で割ってそのまま飲むと辛く感じ、説明書を読まずに生姜湯の既製品と同量をカップに入れてお湯割りで飲んで悶絶したのは秘密。

紅茶に脂肪の燃焼効果が!?

例えば紅茶にも様々な種類がありますが、レモンの輪切りや上記のはちみつ漬けを入れるなど、バリエーションを作れて美味しく楽しめます。
ウルトラ蒸し生姜をほんの少ししか加えられませんが、簡単で長く継続できます。
朝の生姜湯に飽きたらこちらに変えても良いかもしれません。