⑤インスリンで体脂肪をコントロール!?糖が体脂肪に変わる仕組みとは!

体脂肪率が高い人にとっては炭水化物自体が敵に見えることがありますが、インスリンを意識した食べ方で炭水化物を減らさなくても済むかもしれません。

食べ方を変えるだけで体脂肪率が変わる!?体脂肪率に影響する要因とは

前回までに三回の食事と間食のすすめをしましたが、アスリート以外にダイエットにもオススメだったりします。
体脂肪率が高めの人にとって体脂肪を減らすのは容易ではないかもしれません。

そこでまずは痩せようとするのではなく、太りやすくなる生活習慣の改善から始めましょう。

食事から摂取したエネルギーがインスリンにより脂肪に変わる仕組みとは

理論的には毎回の食事で糖の余剰分を出さなければ太りにくくなります。日本では昔から腹八分がススメられており、これは理にかなった健康的な食生活だったのです。

  1. 食事をすると血糖値が高くなる。
  2. インスリンが分泌されて糖(エネルギー)を各細胞に送る。
  3. 糖の余剰分をインスリンが「脂肪細胞」に送り、脂肪として蓄積。

インスリンを意識した腹八分の食事が痩せやすい体質に変える!?

常に腹八分を意識して食事をすれば、理論的に体脂肪は増えなくなります。
間食の目的は、次回の食事でインスリンが糖を脂肪に変えることを減らすだけではありません。

次の食事までにカロリーや栄養素が不足すると筋肉が分解されるため、補給のために行います。
筋肉が増えれば太りにくくなり、エクササイズを加えれば痩せやすい体作りが可能となります。

間食はプロテインバーがオススメ

間食もできればおにぎりやお新香などの自然食とプロテインがおすすめです。
仕事や学校で補給がしにくい場合には、プロテインバーを中心としたサプリメントがオススメ。
プロテインを中心に自分の体に合ったサプリメントを探しましょう。
【参考】プロテインバー(マイプロテイン)

運動で体質が変わる!?インスリンの優先順位とは


インスリンは出さなければ良いわけではありません。
インスリンは各器官に糖や炭水化物を届けることで血糖値を下げるホルモンです。

その際、運動をしていると糖や炭水化物が筋肉へ優先的に運ばれるため、太りにくい体質となります。
しかし運動なしでは、過剰な糖や炭水化物は脂肪へと吸収されます。
これが運動をする人としない人の体質の差になります。