タンパク質を構成するアミノ酸のうち、体内では合成できないアミノ酸を特に必須アミノ酸(Essencial Amino Acid;EAA)と呼びます。プロテインが代謝されることで必須アミノ酸も補給はされるのですが…

EAA(必須アミノ酸)が筋肉のもとになる


アミノ酸といえばプロテインが体内で分解されてできる代謝物であり、一般的には筋肉の分解を抑制する分岐鎖アミノ酸(BCAA;バリン、ロイシン、イソロイシン)が有名です。
最近では筋肉の分解を抑制する栄養素は、特にBCAAの中にあるロイシンの代謝物であるHMBが有効だと分かり、さらなる注目を集めていました。

EAAはBCAAも含みトレーニング前中後の補給がおすすめ!

筋トレなどにおいて筋肉の分解(カタボリック)を抑制することは重要ですが、超回復する過程において筋肉の材料になるものがなければ筋肉は合成され(増え)ません。
そこで最近はBCAAやHMBなど特定の必須アミノ酸だけを摂るよりも、筋肉の合成まで考えると9つある必須アミノ酸全てを補給するべきだと考えるようになりました。

プロテインとは吸収速度が異なる

プロテインは消化吸収に1~2時間掛かりますが、EAAはすでに消化された状態と考えられ、吸収時間が非常に早く30分掛からないと言われます。
ではプロテインではなくEAAだけで摂取することが理想かと言うとそうではありません。
消化吸収に時間が掛かる間は徐々に吸収されることになるため、長時間ゆっくりとタンパク質やアミノ酸を血中に供給が可能となります。
EAAは分解されている分すぐに血中アミノ酸濃度を高めたいときに有効活用が可能となります。

プロテインとEAAはそれぞれの良さを活かせばいい

プロテインは加工が少ない分安く購入できますが、EAAは分解生成に時間と工程を要するため非常に高価です。
そのため速効性を求めたい時はEAA、量を摂りたい時はプロテインなどの使い分けをすると理想的です。

EAAの値段が落ち着いてきた

販売が開始された頃は驚愕のお値段でしたが、最近は認知されてきたせいか落ち着いてきました。
筋トレだけではなく、部活やサークルで活動している人たちには、プロテイン、EAA、HMBの組み合わせをオススメしています。
また筋肉の合成(アナボリック)を促すトリプトファンが入っているものがオススメです!

しっかりと飲んでも半年は持つだろうEAAはこちら。