⑤体脂肪をコントロール出来る!?インスリンで糖が体脂肪に変わる仕組みとは!

体脂肪率が高い人にとっては炭水化物自体が敵に見えることがありますが、インスリンを意識した食べ方で炭水化物を減らさなくても済むかもしれません。

食べ方を変えるだけで体脂肪率が変わる!?体脂肪率に影響する要因とは

前回までに三回の食事と間食のすすめをしましたが、アスリート以外にダイエットにもオススメだったりします。体脂肪率が高めの人にとって体脂肪を減らすのは容易ではないかもしれません。そこでまずは痩せようとするのではなく、太りやすくなる生活習慣の改善から始めましょう。

食事から摂取したエネルギーがインスリンにより脂肪に変わる仕組みとは

理論的には毎回の食事で糖の余剰分を出さなければ太り(脂肪細胞は大きくなり)にくくなります。
日本では昔から腹八分がススメられており、これは理にかなった健康的な食生活だったのです。

  1. 食事をすると血糖値が高くなる。
  2. インシュリンが分泌されて糖を各細胞にエネルギーとして送ります。
  3. 糖の余剰分をインシュリンが「脂肪細胞」に送り、脂肪として蓄積します。

インスリンを意識した腹八分の食事が痩せやすい体質に変える!?

常に腹八分を意識して食事をすれば、理論的に体脂肪は増えなくなります。
次の食事まで足りないカロリーや栄養素は間食で補えば太りにくくなり、エクササイズを加えれば痩せやすい体作りが可能となります。
間食もできればおにぎりなどの自然食がおすすめですが、仕事や学校で補給がしにくい場合にはサプリメントやプロテインバーがオススメです。
自分の体に合ったサプリメントを探しましょう。
【参考】>プロテインバー(マイプロテイン)

酵素不足で体脂肪率が増える可能性がある!?

バランスの取れた三回の食事、ビタミンやアミノ酸、プロテインなどのサプリメントを補給していたとしても、酵素の不足は結果として栄養素の吸収が偏り体脂肪率が上がってしまう可能性があります。
そのため酵素の補給は思う以上に重要です。