⑩脂肪の燃焼効果を上げる方法とは!?魂よりも脂肪を燃やせ!

管理人はこれ以上痩せると骨と皮になりますが、前回に続きサーキットトレーニングの効果を倍増させる方法を考えます。未だにサプリメントを毛嫌いする方を多く見ますが、話を聞くたびに死ぬわけでもないから適量を試してみれば良いのにと思います。

サプリメントを毛嫌いする方は共通して全てを体質のせいにする傾向があるように思います。
仮に体質だとしても、その体質を変えるためにサプリメントや酵素、酵母、乳酸菌を飲むわけで、今までエクササイズや筋トレを本格的にやってこなかった人が急にエクササイズと自然食品の栄養管理だけでのボディメイクは無理がありすぎます。

食事の改善はサプリメントの後で良い!?手軽なことから始めて効果的に脂肪を燃やせ!

ビリーズブートキャンプなどのエクササイズもただ実践するだけではなく、脂肪の燃焼効果が上がるような栄養環境を整えると効果が倍増します。
例えば筋肉が付きやすく回復が早くなるように食事でタンパク質を多めにし、プロテインをしっかりと飲むだけでも変わります。
また今回のようなサーキットトレーニングでは、脂肪を燃焼するためのサプリメントが劇的に効果を発揮するでしょう。

ボディデザインやボディメイクは「栄養管理8、筋トレ2」と言われますが、食事を改善して脂肪を燃焼しやすくするには手間がかかりすぎます。
そこでまずは少しばかりお金を掛けて、サプリメントで脂肪を燃焼しやすい栄養管理から始めましょう。

2.脂肪燃焼サプリメントはスポーツ飲料から始めてみて!

2007年4月4日現在、管理人がエクササイズ前に飲んでいるのはメダリストという脂肪燃焼系のスポーツ飲料。
そもそもメダリストを飲み始めたのは脂肪をエネルギーとして燃焼させられないかと考えたことからで、探しているとメダリストに辿り着きました。
CMで有名なα-リポ酸やVAAMでも良いでしょうが、管理人には若干お値段が高めに感じます。

サプリメントの脂肪燃焼効果を発揮するにはタイミングが重要!

脂肪の燃焼効果を発揮するには、どちらも開始30分前に飲みましょう。
飲んで何もしないでも体がちょっと熱くなるのですが、エクササイズ時は脂肪がエネルギーとして燃焼されます。
さらにα-リポ酸抗酸化作用デトックス(毒素排出)にも効果があるそうです。
デトックスと言うと中々高額なものを想像してしまうのですが、これならちょっとづつ続けられるような気もします。

その他の有名なサプリメント

よく耳にする脂肪燃焼に有効な成分は、アミノ酸、カプサイシン、α-リポ酸、L-カルニチン・L-オルニチン(アミノ酸の一種)、コエンザイムQ10、L-シトルリン、共役リノール酸(CLA)、カフェイン…です。

ちなみにコーヒー好きなのですが、最近カフェインの過剰摂取が体にあまり良くないものだと分かってきたそうです。
幻覚症状を見ることすらあるそうで…
現実が見えないのはカフェインのせいか!?
【参考】コーヒーとカフェインの雑学

お薦めの脂肪燃焼サプリメントはメダリスト

2013年8月9日追記
ビリーのオススメ脂肪燃焼サプリメントはメダリスト
メダリストは上記に挙げた脂肪の燃焼成分の殆どが入っており、考えて組み合わせる必要がありません。
ただスポーツ飲料と混ぜて飲めば良いだけでお手軽。
ポカリスウェットを水で半分に薄めて、そこにお好きな量のメダリストを加えれば完成。

脂肪燃焼の効果はすぐに分かる!

飲んでエクササイズすれば体が勝手に熱くなり、脂肪を燃焼していることがはっきりと分かります。
サーキットトレーニングなどのはっきりとしたエクササイズでなく、掃除やちょっと息が上がる作業でも飲めば脂肪はエネルギーとして燃焼できます。
エクササイズに対する分量を調節し、適宜の見分けましょう。
【参考】脂肪の燃焼に効果のあるサプリメントとは

脂肪を燃焼すれば筋肉がつきやすくなる!?脂肪燃焼系サプリメントの真の効果とは

筋トレやエクササイズをしているとまずは糖(と若干の脂肪)が燃焼され、足りなくなると脂肪よりも先に筋肉を分解してエネルギーとして活用します。
これをカタボリックと言い、筋肉を増やすはずの筋トレで減ることになります。
超回復で増えるのかも知れませんが、これでは効率が悪いことになります。

そこで脂肪を最初から燃えるように栄養環境を整えるのが脂肪燃焼系サプリメントの役割。
脂肪を燃焼させて筋肉の分解を遅らせる事ができます。

もちろん三食の栄養環境を整えなければ効果は感じにくいのですが、エクササイズのときに脂肪燃焼系のサプリメントを飲めば、
①脂肪が減少し、②エネルギーが増えるのでパフォーマンスが上がり、③回復時に筋肉量が増えることになります。
筋肉が増えれば次回での脂肪の燃焼量も増えるようになるといった具合です。