⑨水分摂取が効果を上げる!?スポーツ飲料を薄める!

今日は勝手に回復日に設定し、効果を上げるであろう方法を考えます。なんとバイトが余りにもきつすぎたために根を上げてキャンプインできませんでした。無理をしても逆効果だと自分に言い聞かせたんです…

昨今では水分補給が常識となっていますが、管理人はよく高齢者とも話していると「若者はすぐに水を飲んで情けない」といった話もよく耳にしていました。スポーツを研究する私としては「科学的根拠から水は飲まなければならないのですよ」と言うのですが、なかなか受け入れられないのが現実です。

そこで今回は水分補給について考えてみましょう。

水を飲んで効果倍増!?昔の常識は今の非常識!

ビリーの励ましにも関わらず「自分に負け」ました。
これでは人生が変わるわけありません。
野球で言うなら「雨天順延」。
サッカーなら「雷雨順延」そう思ってください。

私の場合もとより痩せ型体系なので脂肪は足りないぐらいなのですが、ビリーズブートキャンプの目標が「脂肪燃焼」と言うことなので効率の良い脂肪燃焼法を考えてみたいと思います。

1.平常時の水分摂取が体を変える

ネットで調べてみると以下のことが分かりました。
水分摂取でなぜ効率が改善されるのかと言うと、新陳代謝があがるそうです。
平常時に水は飲めるだけ飲んだほうが良いということ言う人もいますが、体が拒否するほど飲むと中毒死しますので常識の範囲で。

  • 1回コップ250mlを1杯から2杯を毎日、合計2リットル前後飲むことで体内の代謝が改善される。
    自分は毎回1杯で限界でしたが、飲みすぎない程度だと確かに体調が改善した気もしました。
  • 注意として、何かを溶かしたりジュースではなく純粋な水。
    アミノ酸であれば過多にならない限り良いと思います。
  • 食事の前後で飲みすぎるとお腹を下したり、消化機能を低下させるので注意。

エクササイズ中の水分の補給はハイポトニック飲料で効果が上がる!?

エクササイズの最中は水よりもスポーツ飲料の方が良いでしょう。
薄いものの方が吸収があがるそうで、濃度としてはポカリやアクエリアスを2倍に水で薄めたもの。
この薄めた飲料をハイポトニックと言い、スポーツ飲料として好まれています。

飲むタイミングで効果が変わる!?喉が渇く前に飲め!

飲むベストタイミングは、喉が渇く前!
喉が渇いたと感じるときには既に遅いのです。
水分が足りていないと言う信号なので、ちょっとづつこまめに飲みましょう。
どちらにしても大量に飲めば良いということではないので、「あくまで適度に」と言うこと。
自分の体と相談して、変化を感じながら慣らしていくことも考えましょう。
【参考】スポーツ飲料を薄めてハイポトニックに!