①クレアチンはタイミングが重要!?おすすめの飲み方とは

クレアチンとは、筋肉づくりの材料となるプロテインやアミノ酸以外でパワーアップに効果があると認められ、その実績から世界のトップアスリートたちの間でも広く使われています。

クレアチンは瞬発力に使われるエネルギー源!

クレアチンアルギニン、グリシンおよびメチオニンの3種類のアミノ酸から構成され、主に肝臓、すい臓、腎臓で作られます。
そのほとんどは筋肉の中にリン酸分子と結合したクレアチンリン酸として貯蔵されます。
筋肉中に貯蔵されているクレアチンリン酸は、全力で走ったり、全力でジャンプしたりあるいは非常に重いウエイトを全力で上げるような場面での、瞬発的な最大パワーの発揮に大きく関わる物質です。
このような強度の高い運動を繰り返すと、体内のクレアチンリン酸は8秒程度で使い果たされると言われます。
つまり、このクレアチンリン酸がどれだけ蓄積されているかが、最大パワーの発揮の持続に関係します。
スポーツパフォーマンスにも大きく関わる栄養素だと分かります。

クレアチンは筋トレにもオススメ

実際、クレアチンの摂取によって、自転車こぎや短距離走などで疲労困憊(ひろうこんぱい)するまでの持続時間が延びたり、ウエイト・トレーニングでの1RM(1回だけ上げられる最大重量)が向上したなどの実験結果が報告されています。

クレアチンは筋トレでも大きな効果を発揮する

クレアチンを摂取することでスポーツパフォーマンスが高まるだけでなく、ウエイトトレーニングの強度も上げることができるので、筋肉は普段よりもパンプアップし、適切な回復を促すことで効率よく筋トレやウェイトトレーニングができるようになります。

さらにクレアチンには水素イオンを中和し、筋肉の披露を緩和させる働きも報告されています。

摂取量を増やすには

食品に含まれるクレアチンはそれほど多くは無いので適切な量のクレアチンを摂るためにはサプリメントを利用するのが現実的で効果的な方法といえます。
【参考】クレアチン