様々なメーカーと種類のプロテインがありますが、自分の好みや体質にあったプロテインを見つけるために、まずはこちらを試してみましょう。と言っても自分の方向性によりかなり限定されるので深く考えこむ必要は無さそう。

ホエイ・プロテインとは

プロテインにも様々な種類があるため、自分の体に合うプロテインから探すことになります。
まず気にするべきことは乳糖不耐症かどうかなど、下記リンク先を御覧ください。
プロテインの種類とは(栄養研究室)

Amazonで試し買い

いきなりまとめ買いをする勇気のない方は、まずアマゾンでお試し買いを!
ただしお値段はかなり高めでまとめ買いほど安くはありませんが、ほかのメーカーのプロテインと大差なく購入できます。
【Amazon】
マイプロテイン<WPC(ミルクティー味)WPI(バニラ味)WPH(無味)
※品切れの際はご連絡いただけると助かります…

チャンピオン<プロテイン
マイプロテインにする前はチャンピオンばっかり飲んでました。
(*´ω`*)

ザバスウェイトダウンプロテイン

ダイエットやウェイトダウンを考える人にはこちらがオススメ。
まずご自身の体脂肪率を考えて、ダイエット適正値の上限(男性19%、女性24%)以上である必要があります。
適正値以下の人でももう少し減らしたい方で、特に美容を気にされる方は一番下の加水分解コラーゲンペプチドもオススメ。


ザバスウェイトダウンプロテイン
こちらの商品はビリーも使用したことがあり、腸内環境の整理にオススメ。
若干下剤に近いものがあり、食事時に飲む人はタイミングを選ぶ必要性があります。
社会人でいつでもトイレに行けない方は夕飯時のみの使用に限定し、他はホエイプロテインなどで組み合わせると良いでしょう。

マイプロテインでまとめ買い

一度にまとめて買うと1kgあたり2000円を割り込む安さ爆発のマイプロテイン。
マイプロテインをすすめる理由は安いから。
WPCとあまり変わらない値段でWPIやWPHを購入できます。

味を決めたらカートに入れ、こちらのページに戻ってきて下さい。
マイプロテイン…初回限定割引コード『2L7M-R1』
上のページから購入ボタンを押し、トップページなどへいくと割引クーポンが見れますので、カート内で入力するとかなり割引されます。

細かく切り分けたプロテインの再生リスト

まとめ買いが決まったら後は味が重要。
冒険をするとろくなことにはならないので長く飲み続けられる味を選びましょう。
お気に入りのフレーバーを見つけるためのサンプルパック

アミノ酸(筋肉の分解を防ぐ)

  • HMB(粉タイプ)HMB(タブレットタイプ)
    ロイシンの分解生成物で、昨今では特に筋肉の分解を防ぐ命令を出している成分がHMBだとの研究結果が出ているほど。
    本来プロテインはタンパク質以外の余計なカロリーやコレステロールなどの成分を摂らないためにあるものですが、近々プロテインさえも余計だったとなる時代が来るかもしれません。
    BCAAを飲むぐらいならば、HMBに切り替えた方が良いとも言われていますが、やはり高額なのがマイナス点。
  • BCAA4:1:1
    BCAA(分岐鎖アミノ酸…バリン・ロイシン・イソロイシンの総称)はタンパク質の分解生成物の一つであり、主に筋肉の分解を防ぐために飲まれています。
    タンパク質を分解したもののためにプロテインよりも吸収時間が早く、起床時やトレーニング中、後には欠かせない栄養素と言われています。

WPC(ホエイプロテインコンセントレート)

WPI(ホエイプロテインアイソレート)

  • インパクト ホエイ アイソレート
    マイプロテインのWPIは「インパクトホエイアイソレート」という商品名のもの。
    お腹の弱い方や、特に乳糖不耐症の方はコチラが無難。

WPH(ホエイプロテインハイドロライズド)

  • ハイドロ ホエイプロテイン
    WPCほどではないにしても乳頭(ラクトース)は若干入っていますが、吸収率が非常に高く。
  • 加水分解コラーゲンペプチド
    美容のことまで考えたWPHはこちら。
    体脂肪率を落とす必要のない人やコラーゲン補給をしながらエクササイズをしたい人には是非ともオススメ。

携帯に便利なプロテインバー

スポーツトレーニングや純粋にボディデザインやダイエット目的の方たちの間食は、「サプリメントよりも自然食」と考えたくなりますが、間食などを用意する手間や含まれる余計な栄養素を摂らないためには、最終的にプロテインバーなどに至ります。
粉状の食事の代替サプリメントもありますが、携帯に不便なために結局プロテインバーになります。

ダイエットを考える方であれば、インシュリンの観点からカロリーのあるものを間食で摂取し、三食の食事で少し炭水化物を減らす程度の方が正しいと思います。
低炭水化物ダイエットは医者と栄養管理士が管理してくれなければ成功はしないほど難しいのでおすすめしません。