競技レベル向上のためにはトレーニングメニューにメリハリを付ける必要があり、長期での計画をピリオダイゼーション(期分け)と言います。

ピリオダイゼーション(期分け)とは

特に年間で「筋力アップ期」「筋量アップ期」「体脂肪燃焼期」など目的を設け、プログラムを立てる方法をピリオダイゼーションと言います。
プロスポーツ選手では特に、オフシーズンに筋力を上げることもピリオダイゼーションの一つの例になります。
成長期にある学生は一つ年齢が変わるだけで発育発達状態が異なり、試験や大会によってもメニューは調整が必要です。

トレーニングメニューの調整方法

ピリオダイゼーションは難しく考える必要もなく、①年齢(成長期)、②季節、③テスト期間、④体調、⑤大会までの期間 などで自然に内容が決まります。

①年齢やチームレベル、活動状況・環境によっても変わる

年齢、環境でマシンを使った筋力トレーニングと競技を並行することができない場合には、応じた筋トレや補強トレーニングが必要となります。
特にゴールデンエイジと言われる年齢では優先すべきトレーニングがあります。
年齢によるトレーニングの優先順位(フィジカル研)

②季節での調整

時期により大きく変わる温度変化に対してもメニューの調整が必要です。
花粉症などを持っている人はなるべく室内でのトレーニングを増やすなど、個人での判断も重要になります。
こういった対策は各個人がコンディショニングをしっかりと行う必要があります。

③学生はテストや受験などの予定も重要

学生は予定の管理が非常に乏しいため、大会、テスト、行事、授業、部活などのように、徐々に自分の「予定の管理」を意識しましょう。
百円ショップでも何でも結構ですから、手帳をもち、綺麗にまとめて書き込む癖をつけさせましょう。

④体調の管理

体調がすぐれないのに無理をしても、トレーニング効果は得られません。
筋トレだけに限らず、競技パフォーマンスで常に最高を維持できる様にしなければコーディネーションもズレてしまうため、一般人でも学生は特に、長くても1週間で完全に体調が回復する日を設定しなければなりません。

⑤大会までの期間

主に準備にあてる期間となります。
大きな大会や練習試合に向けて小さな目標から大きな目標をもち、最善の練習を重ね、コンディションを上げて望みましょう。
普段の練習試合からカーボローディング法などの練習を重ね、大きな大会の準備を心がけましょう。