①カーボローディング法とは

カーボ(グリコーゲン)・ローディング法とは、試合当日に向けて筋グリコーゲンの貯蔵量を普段の170%に高めておくためのテクニックのことで、特に「持久性競技・持久性スポーツ」に有効です。

カーボ・ローディング法とは

カーボとは炭水化物のことで、ローディングとは貯蓄すること。
つまり、カーボ・ローディング法とは炭水化物の貯蓄法のこと。
炭水化物は体内でグリコーゲンに変換されていることから、グリコーゲン・ローディング法とも言われます。
カーボ・ローディング法により試合時に体内における炭水化物の貯蓄量を、最大で普段の170%にする事が出来ます。
この方法はかつて「初めの3日間くらい低炭水化物の食事を続け、その後に高炭水化物の食事を摂る」と言うものでしたが、成功することが難しいために実践が避けられるようになりました。

試合1週間前に食事の内容を「高たんぱく+高脂肪」から「低脂肪+低糖質」に変えるだけの単純なものではありません。

旧カーボ・ローディング法とは

Carbohydrate_Loading.jpg

『グリコーゲンローディング法』は単に糖質を増やすのではなく、蓄えた糖質をWASH OUTで一度使い切りゼロにすると、その後摂る糖質はこれまでの70%アップでグリコーゲンとして貯蔵されます。
少し前までは中・長距離の選手に常識の食事法と言われていました。

ところがこの方法では医者が帯同しないと炭水化物を使い切るための練習量がわからないことと、栄養管理士が栄養管理をしても選手の回復能力が追いつくかどうか分からないため、失敗するリスクが大きすぎたのです。
当然ながら失敗するとパフォーマンスが極端に落ちることから、2006年現在一般的な方法ではなくなりました。
そして新たに主流となったのが「新・カーボローディング法」だったのです。