フィジカルトレーニング研究室

 『フィジカルトレーニング=筋力トレーニング』ではなく、筋トレを土台に競技の特性を身につけるトレーニングまでがフィジカルトレーニングです。

「筋トレ」の記事一覧

④補強トレーニングの筋トレ種目

補強トレーニングとして行う場合、体力を使うのではなく強度を上げるために行います。 筋トレを補強トレーニングに加える!?弱点を補強してパフォーマンスアップ! 競技練習の補強トレーニングとして、まずは1部位週1~2回の設定で […]

不安定な負荷が刺激を変える!?刺激を効かせる方法とは!

筋トレでは一般的に負荷が均一であることがほとんどですが、均一な負荷が効果を減らすこともあります。ここでは負荷を不安定にさせる筋幻惑法をご紹介します。 安定した負荷は筋肉が慣れてマンネリしやすい!?不安定な刺激で効果がアッ […]

筋トレやフィジカルトレーニングを明確に定義する!?

スポーツトレーニングの三大要素である筋トレ。正確にはフィジカルトレーニングだと思うが、スポーツパフォーマンスを向上させるための明確なトレーニング計画を作成できるだろうか?まずは一つずつを明確にすることはから始めようと思う […]

④スロートレーニングのオーバーロード・プロトコルとは

オーバーロード・プロトコルとはマーク・アサノビッチ氏が提唱し、スロートレーニングでオールアウトしやすくするための挙上方法と筋幻惑法を組み合わせたトレーニングセットのこと。 スロートレーニングのオーバーロード・プロトコルと […]

マシントレーニングとフリーウェイトトレーニングの効果的な使い分けとは!?

フリーウェイトトレーニングは「重さを自由に変えられることから」と思われがちですが、姿勢が固定されていない状態を言います。 また姿勢を固定されるマシントレーニングはフリーウェイトトレーニングとよく比較され、どちらか一方に偏 […]

⑤補強トレーニングを加えた練習日程の調整方法

補強トレーニングは無理に組み込むよりも、回復を優先させるべき程度のトレーニング要素であることを意識しましょう。 競技練習+自重トレーニング 補強トレーニングなので競技練習に加えて行いますが、筋トレは一度に行う必要がありま […]

③補強トレーニングのメニューの作成方法とは

補強トレーニングはメニューを作るまでが大変ですが、一度作成してしまえば楽になります。 苦手分野や競技で使わない筋肉を中心に分割法で部位を分けることを前提に、体力管理と強度を変更すると効果的です。 補強トレーニングのメニュ […]

②競技練習の量と補強トレーニングの関係

まずは競技練習に直結する補強トレーニングの話。 補強トレーニングを加えていくには、高いレベルと体力が必要になります。 体力や時間配分、人数などトレーニング環境を考えながら徐々に取り入れましょう。 競技練習に加える補強トレ […]

①競技選手には当然の筋トレ!?競技で使わない筋肉の「補強トレーニング」とは!

補強トレーニングとは、競技やトレーニングにより崩れたボディバランスを戻し、疲労の集中を防ぐなど怪我の予防策として行うトレーニングのこと。 筋力差を埋めると競技筋を補佐するために自然とパフォーマンスも上がります。 補強トレ […]