マシントレーニングとフリーウェイトトレーニングでは何が異なるのか、簡単にご説明いたします。

マシントレーニングとフリーウェイトトレーニングの大きな違いとは

フリーウェイトトレーニングとは

フリーウェイトトレーニングのフリーとは重量のことではなく「固定されていない姿勢」の意味で、自分自身の筋肉でトレーニング姿勢を維持しなければなりません。
そのためトレーニング姿勢を維持できるようになるまでは、効果的な筋トレができないことが多々あります。
またフリーウェイトトレーニングでは事故が多発し、特にベンチプレスでは死亡事故が現在でも報告されています。

ほぼ全てのトレーニングはフリーウェイトトレーニング

固定されていないものをフリーウェイトトレーニングと言うため、ウェイトトレーニングでマシントレーニング以外のほぼ全てはフリーウェイトトレーニングに属すことになります。
自重トレーニング、スタビライゼーション(体幹)トレーニング、セラチューブトレーニング、バーベル、ダンベル…など全てがフリーウェイトトレーニングに属します。
【補足】>Youtubeでエクササイズ

マシントレーニングとは

マシントレーニングでは姿勢が固定されているために正しいトレーニング姿勢を作りやすく、トレーニング部位へ刺激を入れやすくなっています。
左右の対称性も意識しやすく、フリーウェイトで崩れがちな筋力バランスを整えるためにもうってつけと言えます。
また可能な限り事故が起きないように安全設計されています。

マシンもフリーも良さは異なる

マシントレーニングは体が固定されているために、安全かつトレーニング姿勢を作りやすく、また疲労が溜まっている状態でも特定の部位へ刺激を入れやすいため、追い込みにも使うことが出来ます。
フリーウェイトトレーニングはトレーニング姿勢を維持するために様々な筋肉を使用するため、トレーニング部位以外のトレーニングにも活用でき、マシントレーニングよりは連動性を習得することが出来ます。

全てはトレーニング姿勢を覚えてから

体の固定にかかわらず、全ての種目では正しいトレーニング姿勢を覚えることから始まります。
そのため動作が制限されているマシントレーニングから開始するとトレーニングのコツを習得しやすく、ある程度筋力がましたところでフリーウェイトトレーニングを取り入れると正しい姿勢が分かると言った具合です。