9歳前後から徐々に発達しやすくなる筋力系ですが、16歳を前後にピークを迎えます。

本格的な筋トレは16歳から

16歳までは神経系、呼吸器・循環器系の成長が足りずに筋トレが効果的になりませんでしたが、成長したことでようやく筋トレの準備ができたことになります。
また効果的な方法があったとしても結局体力には限界があるため、筋トレの優先順位は高くなかったとも言えます。

総合的なフィジカルトレーニングの開始

筋トレ姿勢の習得をしていればずっと以前からですが、これでフィジカルトレーニングの全般が揃ったことになります。
今までおすすめしていた筋トレは主に自重の負荷でしたが、これからはできればマシントレーニングもおすすめです。

正しいトレーニング姿勢でのマシントレーニングは、トレーニング部位に的確に刺激を入れることができます。
そのため、マシンに限らずフリーウェイトでも正しい筋トレを知るためには重要です。

栄養管理が一番重要

常に重要なトレーニング要素は栄養管理。
やって当然と言われる筋トレと栄養管理の重要性は2:8と言われます。
そう考えると毎日の食事やサプリメントがいかに重要かが分かります。

スポーツ栄養研究室

トレーニングメニューの調整で体力管理

本格的なフィジカルトレーニングが開始すると、トレーニングの割合の調整が重要になります。
あれもこれも行いたいですが、時間の制限や体力問題があります。

マイナスの練習量

よくある逆効果の練習がご飯が食べられなくなるまで続ける練習。
一試合でそうなったのであれば少しは理解はできますが、回復できないような練習はマイナスでしかありません。

成長し続けるためのメニュー調整

成長が終わるまでは体力管理がトレーニングの効果全てを表すと言っても過言ではありません。
1週間単位で体力管理が調整可能なメニューの元を用意しておきましょう。
体力が足りないと感じられた場合は、トレーニング強度を下げるようにすればいいだけのメニューを用意するのです。

トレーニングメニュー・ルーティーンセット