高齢者のトレーニング注意事項(その①)

スポンサードリンク


 高齢者の方の場合一般の方のトレーニングメニューと比べ、極めて難しいものとなります。

昨今は元気な高齢者も多いが

重さのレベルはそれぞれ人によって変わるとはいえ、一般の方と同じトレーニングメニューが出来ないとは思いません。

ただ、そこまで到達することが難しいように感じます。

1.ストレッチング
2.ストレッチングボール(大・中・小、各種)
3.セラバンドなどのゴム系トレーニング
4.軽いダンベルトレーニング
5.大筋群のマシントレーニング
これだけ列挙すると一般のトレーニングと変わらないように思えますが、それぞれの角度でさえも制限されています。

痛みを感じない程度に

理由は多々ありますが、大きな理由の一つが軟骨の消耗です。

 軟骨は消耗品で、今現在のところ回復方法が分かっていません。

対処療法(?)として、ヒアルロン酸の注射などがあるそうです。

しかしこれも長い間の効果を成さないそうです。

 トレーニングを開始する時も、まずは自分の体をチェックして、痛みが無いようにすることが重要です。

痛みの種類も様々で、後からくる痛みもあります。

強度はトレーニングごとに、徐々に上げていくということを考えて、ゆっくりと始めることを意識してください。

スポンサードリンク


サブコンテンツ

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

スポンサードリンク

このページの先頭へ