これまで話した通り、骨格の矯正には足型の矯正が必須でした。人間は歩くため、骨格が歩行から受ける影響を無視できないのです。今回は骨格に与える影響以上に、足型が原因の一つと思われる事に関して。

内反小趾と外反母趾

(写真はWikipediaから引用)
 内反小趾と外反母趾は足型そのもので、症状がひどくなると手術が必要になります。
しかし手術が必要な段階前であれば思ったよりも簡単に治すことが出来ます。

軽度な外反母趾ならインソールで治せる

私は右足が弱冠外反母趾気味でした。
しかしウォークフリーにより本来のアーチ状構造が作られ、また足首以下の筋肉を鍛えたことによって凝り固まっていた筋肉が本来の役割を果たしたのでしょう。
骨格は内・外側の筋肉の引っ張り合いでバランスを取るため、バランスが崩れることがこれらの原因となります。

昨今ではその原因を作っているのは「自分の足に合っていない靴を履くこと」と指摘されています。
変な形の靴を選ばず自分の足型にあった靴を選び、足裏から全体のマッサージにより筋肉をほぐすことも忘れないようにしましょう。

足の匂いや水虫

水虫は正直侮れないフットケアの一つ。
高温多湿である日本では、8割の人が水虫を持つと言われ、表面上に出ないために気づかない人が殆どだとか。

入浴時にナイロンタオル(体を洗う合成繊維)で足の指の間までしっかりと洗いましょう。
力を込めすぎてもいけません。
汚れがしっかりと落ち、痛くない適度な加減を知りましょう。

風呂あがりにしっかりと薬も付けることを忘れずに!
原因であるカビ菌がくっついているので、足マットも普通の人よりも早い周期で洗うようにしましょう。

また足の匂いですが、実は体の分泌物が主たる原因ではありません。
体を洗った石鹸カス、シャンプーの滴り落ちたもの等が足の指の間に残り、そこでバイキンが発生したことで臭います。
頭から順に下に向かって体を洗い、しっかりと拭ききってお風呂から上がるようにしましょう。
既に臭っている靴は洗ったり、買い換える必要がありますが、足の匂いは簡単に解決できたりします。

フットケアのおすすめ商品