ウォークフリーとバイオップ

1.バランス強化型インソール 『ウォークフリー』
 リンク先の楽天を見ていただければ分かるのですが、ウォークフリー(walkfree)は足の形から骨格と顎関節症にまで効果を発揮してくれるものです。

その名の通り、歩く(walk)ことが目的になっているから当然です。

つまり運動時には使えないということ(?)
 しかしこれだけの良さを実感できる物なので、試しにサッカーのスパイクに入れて軽く(一人で寂しくOTL)練習してみたのですが、やっぱり痛い。

すでに普段は入れていることを感じない程度に慣れており、3段階あるレベルの内で一番低いLowでやったのにも関わらず痛かったです。

 と言うことでやっぱり運動には不向きと言う結論に。

2.Bi-Op(バイオップ)説明サイトまとめ
 いつでも使えると言うBi-Opはどうでしょうか?
どうもこちらは骨格などを治そうと言う目的ではなく
 「足の形を最高の状態に支えることで、結果として体の負担を軽減する」
と言う説明を受けました。

 確かに足型を取っただけのことはあって、運動のときも全く違和感が無く折り曲がる動作をしても全く抵抗が無いです。

違和感がないというのは
 「靴の中にインソールがあることを全く感じない」
と言うことです。

 さらに運動しているときに感じた足の裏に掛かるはずの抵抗まで少なくなっていたような気がします。

勿論まだ完全に慣れていないので分かりはしないのですが、悪いところは中々見つからなさそうです。

ただはいて2週間とちょっと経った今の所は問題無しです。

 それもそのはずで、この製作している会社は義足などを作っていた(いる?)から肌触りから素材までが滑らかなのが当然なんだそうです。