インソールのウォークフリー(walkfree)を靴の中に入れていること自体を感じなくなったので、早速段階を上げてミドルにしてみました。ウォークフリーは3段階の高さに変えることができ、段階を踏みながら整体バランスを整えます。

インソールのパッドを変えてパフォーマンスアップ

ウォークフリー.jpg自分でとった写真が余りにもひどいので、ネットから拾った写真です。
さすがにプロが撮った写真は綺麗だ。
ただ左写真ではHigh、Middle、Lowとなっていますが、正面から撮っても差なんてわかるわけもない。
今回はその取り替えることの出来るパッドを比べました。

パッドのレベルをミドルへ変えてみる

ウォークフリーLow(2007年04月06日).jpgこの三つの写真を重ねて比べてみると高さと形の違いが良く分かります。
(写真の台座は週刊少年ジャンプ)
Lowと残り二つの写真を撮るときに角度が変わってしまったらしく、若干ぶれた感がありますが、LowとMiddleの差が大きいことが分かります。

ウォークフリーMiddle(2007年04月06日).jpg

Middleにした感想は、「最初に履いた時ほど違和感がない」。
靴底の山が高くなるので「また痛いかな?」と思ったのですが、特に気になりませんでした。

 

ウォークフリーHigh(2007年04月06日).jpg

やはり最初のLowで体のバランスの殆どを戻せるのか、それとも痛みに慣れてしまったのか、初めてはいた時のような驚きはありません。
(この時点での感想です。)
きっと効果がより出ていると思うと顔がほころびます。

ボディバランス強化の必要性

スポーツトレーニングにおいてまず優先したいことは、本来あるべき体の機能や能力をそのまま発揮することです。
あるべき体の機能が使えないと、練習した分伸びません。
バランスが悪いと分散するはずの力が集中し、怪我の元にもなります。
ウォークフリーを使うと簡単に骨格を改善できるので、是非ともお勧めします。
ただ改善できると言うことで、完全に正しくなると言うことではないことを注意してください。
このウォークフリーを使い体が改善されることで、どれだけスポーツにおける自分のパフォーマンスが変わるのかを実感して欲しいのです。
勿論スポーツをしなくても実感できますが、スポーツならばより実感できるでしょう。