コンディショニングとは選手自身の能力を最大限発揮するために、心身の状態を調整・向上する体調管理のことであり、パフォーマンスを向上させるために行います。

コンディショニングとは

コンディショニングとは体調管理により良いコンディションを作ることですが、2009年1月現在、多くの人が『コンディショニング』の意味を勘違いしています。
インターネットや流行の下に発行された書籍では、「インナーマッスルを鍛えるコアトレーニングがコンディショニングだ」と紹介していますが、完全に間違いです。

誤用だ誤用だ

コンディショニングは多くの人に勘違いされ、多くの雑誌でも部分的なトレーニングがコンディショニングだと誤用されています。
雑誌などの紹介では、「体幹(胴体)の背骨周りにあるインナーマッスルの筋力トレーニングがコンディショニングだ」とありますが、上記の体軸の状態を整えるトレーニングを体軸のコンディショニングと言い、本来のコンディショニングの極一部のことを指します。

ボディコンディショニングとは

恐らくインナーマッスルが体を支える筋肉であることから、整体バランスを整える「体のメンテナンス」という意味でコンディショニングを使ったのでしょう。
あながち間違いではなさそうですが、体軸など体の部位のメンテナンスはコンディショニングの一部であり、しかもインナーマッスルに限定したトレーニングそのものがコンディショニングと言うのは無理があります。

コンディショニングとはフィジカル要素だけではなく栄養管理全体までを整えることであって、紹介される部位のコンディショニングは、体軸のコンディショニングやコア・コンディショニングといった名称が正しいと思います。

コンディショニングとは調整である

文頭のようにコンディショニングを身体能力の改善や向上と定義すると、「競技特有の技術トレーニング」は含まないことになります。
ただし身体能力が向上するとスポーツパフォーマンスが向上するため、コンディショニングとスポーツトレーニングは表裏一体の存在となり、決してどちらがどちらかと言う関係ではありません。

【追記・訂正】

【追記;2012年12月31日】
こんな記事を読んでいるとは思えんが、雑誌でも随分間違いが減った。
むしろ間違いを見なくなった。
やっぱり読んだ人がいるのだろうか…

【追記・訂正;2016年5月23日】
①~③あったのをまとめて③を消した。
自分で文章書いておいて、恐ろしい間違いを発見した…
今まで公開してから7年間全く逆のことを言っていた…
何を寝ぼけていたのだろうか…
OTL