体内時計は常にずれようとしますが、リセット方法を知り本来ある体の能力を最大限に引き出しましょう。

体内時計をリセットしてまずは睡眠不足を解消!

前回はズレた体内時計が体に及ぼす影響の話題でしたが、ここでは一日を通して体内時計をリセットする方法をご紹介します。

体内時計をリセットする具体的な方法とは

  1. 起き掛けに甘酒を飲む
    起き掛けに甘酒を飲むのが効果的。
    起きがけとはまだ布団の中から出てないぐらいの状態らしいですが、寝ている最中の口の中は雑菌だらけ。
    効果は落ちるかもしれませんが、しっかりとうがいをしてからでも良いのではないでしょうか。
    起き掛けに飲むのは週1、2回程度にして、普段はリステリンやモンダミンなどの洗口液で軽くうがいをしてから飲むことにしましょう。
    もちろん飲む甘酒は米麹。
    【参考】>米麹の甘酒
  2. 朝日を浴びる
    通学、通勤時に明るい場所で視覚から体を起こしましょう。
    朝日は眠気から覚醒させる効果があり、光を浴びてから14~16時間後に眠気がきます。
    そのため夕日を浴びすぎると体内時計がリセットされかねませんのでご注意を!
  3. 朝食をしっかりと食べる(腹八分)
    朝食から炭水化物や糖(グルコース)を吸収し、エネルギーを循環させましょう。
    水分もしっかりと摂り、血液を体中に巡らせましょう。
  4. ランチもしっかりと食べる(腹八分)
    まだまだ体はエネルギーが不足気味。午後を乗り切るためにはエネルギーの補給が必要となります。
  5. 短時間仮眠法でちょい寝する
    食後15分程度の浅い睡眠をとると、体内時計がさらに正確に!
    【参考】>短時間仮眠法
  6. 1日10~30分の軽い有酸素運動
    軽い有酸素運動をすると凝り固まった筋肉や毛細血管に酸素がいきわたり、水分補給をすれば新陳代謝が活性化されます!
    運動前後に軽いストレッチも加えるとなお良し!
  7. 夜8時までに食事を終える
    胃に未消化物が残っていると睡眠が浅くなります。
    交感神経と副交感神経を切り替えるためにも夕食は早めに!

できる人は更に考えてみて

一般的に知られている体内時計の修正法から少し加えて考えてみましょう。

  1. アミノ酸とプロテイン
    甘酒、サプリメントのアミノ酸やプロテイン等どれか一つで充分かもしれませんが、1日の内で定期的に飲んでみましょう。
    朝だけ飲めばよいわけではなく、定期的に摂取することでリズムができます。
  2. 起床後のストレッチ
    通学、通勤までに余裕がある人は、起床から少し時間を置いてからストレッチをしてみましょう。
    起床後は筋肉が凝り固まっているので、体に刺激を与えることで直接交感神経に働きかけます。
    起床後のストレッチは特に、いつもよりも軽めで手首・足首など体の外側からゆっくりと行いましょう。