①テニス部の練習メニュー「条件と目標」を分析する

今回のご相談は「自主性を重んじる先生が口を出さず、生徒自身が全てを決める中学テニス部の練習メニュー作成例」。テニスは体育以外で未経験のビリーですが、練習メニューを作ってみました。

テニスのトレーニング要素と実践練習を効果的にするための分析

まずはチーム状況を確認し、的確に分析しましょう。

今回は32人と都合の良い人数で調整しましたが、余った人は時間測定、分析、記録、調整、日程確認、連絡…と様々な役割を交代で行います。
日本の部活ではオーバーロード気味(追い込みすぎ)ですが、回復するための栄養素と、中・高の成長期では成長するための栄養素も残す必要があります。
疲れを溜めないためにも「微妙に足りない練習量」を意識しましょう。

前提条件を確認する

部活の条件は様々あると思いますが、可能な限り条件を明確にして練習メニューを構成します。

・練習時間は1時間。
・各学年10人ちょっとで合計30人超え。
・コートは2面。
・指導者無し。

全体と個人での目標を明確にする

目標は部活全体と個人それぞれで明確に作成し、得意不得意を意識して練習しましょう。
時間の制約があるため、常に集中できる練習メニューを作成。
集中するため、また練習したことが休憩している最中に定着するため、交代時は必ず休憩を挟む。
大きな目標とその目標を達成するための段階的な目標を立てる。
【参考】ピリオダイゼーションと年間計画
例;
月ごとの目標と毎週の目標。
今回は3週間と毎週の目標。
(理由は第④回。)

部活全体の目標

・学年で練習量に極端な偏りが無いようにし、実践練習を中心にする。
・練習時間が非常に短いため、全て集中して行う。
・根性論ではなく、可能な限り理論的で効果的なTr.を組み合わせる。
・全員が楽しくレベルが上がるようにする。
・組織としての効率的な動きを明確にする。
・大会前は出場する人が中心となれるように調整する。
【参考】試合前のカーボローディング法とは

個人の目標

・体組成計とスマートフォンを活用すると便利。
・ラリーやミスの回数を記録して上達具合を明確にする。
・筋トレやコンディショニング(体調管理)を正しく理解する。
・誰かにやってもらうのではなく、個人でも分析できる能力を養う。
【参考】普段のコンディションチェック

記録をつけて分析の判断材料にする

個人の記録は各自で、余っている人や休憩している人が全体の記録、日程の調整をつけ、審判などの練習も持ち回りで行うと良いでしょう。
・体組成(身長、体重、体脂肪、…)
・ダッシュのタイム(コートの縦の長さと横の長さなど。)
・打数中のミスの回数(フォア、バックなど)
など可能な限り記録を残し、レベルの向上を数値化する。

個人の筋トレや記録は以下を参照。
【参考】ボディデザイン公開講座