部活やクラブチームでの練習を充実させることを目的に、トレーニングチームを作ります。チームの分け方は練習方法により幾つか変え、キツいだけではなく楽しみながらチーム全体を刺激し、パフォーマンスが上がるように工夫しましょう。

環境を分析してトレーニングチームへ分割する

こちらは「練習メニューの作成例」のカテゴリーページです。
前提とされているトレーニングメニューの作成方法はトップページから御覧ください。
【参考】トレーニングメニュー研究室

練習環境を確認し、効率的なトレーニング環境を構築する

グランドの使用できる日数、筋トレ施設の有無、トレーニング道具、スマホの有無や使用許可など、全ての練習やトレーニング内容は環境によって決まります。

  • 指導者の有無や人数
    ・指導者がいる場合、選手自らがどこまでトレーニングメニューを変更できるか分かりません。指導者に練習メニューの変更できる範囲を確認しましょう。
    ・提案の可能な場合は、ある程度練習メニューが固まった段階で指導者に見せ、現在の練習と混ぜて貰っても良いかも知れません。
    ・できない相談ではなく実現できる内容を提案すること。
  • 環境
    ・トレーニングチームは環境に合わせて分ける。
    ・最大で幾つのトレーニング要素に分けるか検討し、優先順位を付けましょう。
  • 選手の人数と年齢(学年)
    ・環境から選手の人数によってチームを分ける数を決めます。
    ・高学年と低学年の練習を同じにしてはいけません。必ずセット数やレップ(回数)を加減すること。
  • 時間配分
    集中力は大人でも最高状態を15~30分しか維持できないと言われますので、最大でも15分ごとに練習要素を変えるようにしましょう。
    ・練習は細かな休憩中にイメージトレーニングをするとより定着すると科学的に実証されているため、要素を変える時に休憩を5分挟みましょう。
    ・同じチームでも少しずつ時間をずらすなど工夫をすれば、多少の人数調整は簡単にできるようになります。
    ・どうしても上手く配分できない場合は、休憩や筋トレ、自己分析の時間にあてましょう。
  • 本やスマホを積極的に取り入れる
    ・積極的に本やスマホで見本動画を取り入れましょう。
    ・動画を撮れる場合は自分の動きを確認し、イメージと実際の動きをすり合わせましょう。
    ・見本動画や自身の動きの確認時間を人数調整で活用することもできます。

トレーニング要素を分析する

筋トレもフィジカルトレーニングの一つですが、段階的に競技へつながるように分けて書きました。

  • 筋トレ
    全身をくまなく鍛えるボディメイクを心掛けましょう。
    トレーニング強度の設定はセット数とレップ(回数)を変えることで調整します。
  • フィジカルトレーニング
    姿勢や競技の特性を理解しつつ、年齢に応じて優先させるべきトレーニングを最優先する。
  • 競技練習
    レベルに応じたメニューでなければパフォーマンスは上がりません。
    適切な難易度を設定し、少し上のレベルにも挑戦もしましょう。

TM・RSで練習メニューを作る

練習メニューの要素は、マンネリを防ぐために2週間ごとに少しずつ更新する。

  • 目標
    ・大きな目標に対して小さな目標を段階的に設定する。
    ・目標は練習要素の方向性を決める大きな要素の一つであり、チームの特色を決めることにもなるかも知れません。
  • TM・RSで練習メニューを作る
    以上の項目から要素を決めます。
    ・1日のうちで優先的に行うと効果が高い要素、例えばアジリティや筋トレ、ダッシュなどを必ず最初に行うと決めずに、常にローテーションを守りましょう。
    ・ただしアジリティやダッシュなどは、ダイナミックストレッチのウォームアップの延長として行うと自然と行えます。

各部活やクラブチームでのTM・RSの作成例

どの競技でもレベルに合わせた内容でなければ効果が出ません。
常にレベルを合わせた設定にしましょう。