【公開講座】ゼロから始める筋トレの実践方法とは!

公開講座では一般的な筋トレの理想的な順序を紹介します。
相当な文量がありますので、まずはリンク先をチラ見程度で済ませて読み進めてください。
一度全てを読み進め、二周目からリンク先をご覧いただくと理解が深まる構造です。

こちらでの筋トレは主に自宅などでの自重トレーニングである宅トレをメインに行います。
ジムなどの筋トレ環境がある場合は以下を御覧ください。
【参考】筋トレ環境での筋トレの始め方とは!?

コンディショニングで太りにくく痩せやすい環境を整え、エクササイズでボディデザインをする!

当サイトでYoutubeのチャンネル「スポーツトレーニング研究室」を作成しましたので、まずは画像からご覧ください。
このチャンネルの再生リストを使い筋トレを分割法で行います。
すぐにでも実践されたい方は「Youtubeで筋トレの実践」を御覧ください。
直下は記録用紙になります。
必要な時にダウンロードをしてご活用下さい。

「講座作成のきっかけ」と「オススメの対象者」

私が指導者、研究者として講座を作成するきっかけや、ボディデザインのプロであるコンパニオンさんたちのお話を載せました。
ボディデザインのイメージ膨らませ、少しでもプロに近づければと思います。

  1. 講座作成のきっかけ
    ボディデザインのコツと講座作成
    著者の自己紹介
  2. 講座の実践方法と最終目標とは
    実践方法と最終目標とは
    部活やサークルアスリートにも
  3. 全体の構成と当講座の進め方
    【ボディデザイン講座】の進め方

コンディショニングで太りにくく痩せやすい体を作る!

初心者は筋トレだけしていれば結果が出ると思いがちですが、実践した分の効果を発揮するためにはコンディショニング(体調管理)が欠かせません。
筋トレを実践するとともに最低限のコンディショニングについてお話します。

記録道具は可能であれば最初から最低限を揃えるべきですが、現状でできることから始めましょう。
継続して「達成できた、効果が出なくなった」などの状態になったときに、改めて読み直し次の段階に進めることも可能です。
エクササイズウェアやトレーニング道具などは特に自分へのご褒美としても活用できます。

  1. 講座実践の準備
    プロは生活習慣から意識する
    コンディショニングと記録道具
    筋トレ効果を早めるならこの道具!

Youtubeで筋トレの実践!エクササイズでボディデザインを始める!*

トレーニングは筋力トレーニングだけではなく、栄養や回復までを考えて発展します。
そのため無理をして頑張るのではなく、筋肉が育ちやすい環境を整えることが重要。
タンパク質も自然食を意識することは重要ですが、全てを補うことは難しいのでサプリメント頼るのも一つの手です。

  1. 作成済みプログラムを実践する
    各プログラムの紹介
    ・ダイナミックウォーキング
    コアトレーニング
    最低限のボディデザイン
    3分割の分割法
  2. 自分専用のプログラムを作る
    負荷と強度の調整方法