筋トレだけがフィジカルトレーニングなのか

スポンサードリンク


 ブログ冒頭にもある通り「フィジカルトレーニング=筋力トレーニング(以下、筋トレ)」と思っている人は多いのですが、実際はそうではありません。

フィジカルトレーニングと筋トレ

フィジカル(physical)の意味は、以下の3番に該当します。

  1. 物質に関するさま。

  2. 物理的。

    物理学的。

    「―な力」「―サイエンス」

  3. 肉体的。

    身体的。

    「―な関係」「―トレーニング」

 3の意味通り「肉体的・身体的トレーニング」であるならば間違いなさそうですが、競技までのトレーニングを考えると圧倒的に意味が足りません。

そもそも筋力トレーニングの直訳は"strength training"らしく、フィジカルトレーニングと筋力トレーニングが同じものではないのです。

競技のレベルを上げるために行う肉体的トレーニングがフィジカルトレーニングなので、「筋トレはフィジカルトレーニングの一部」であって全部ではない、と言えます。

フィジカルトレーニングの具体例

 では筋トレの他にフィジカルトレーニングといえば何があるでしょうか。

まず筋トレでも「速筋・遅筋・中間筋(ピンク筋)」と競技により適した筋肉の種類がありますが、ここにも競技性が強く出ます。

ちなみにビリーは全身チキンchickである。

短距離競技

 短距離であれば敏捷性(速筋)、長距離であれば持久力(遅筋)、サッカーであれば複合的な筋力(中間筋)と言った具合でそれぞれに合ったトレーニング方法があります。

速筋を鍛えたければ筋トレにより最大筋力を上げ、その筋力で敏捷性を別にトレーニングする必要があります。

例えばラダー、ハードル、ステップなどのトレーニングです。

長距離競技

 持久力トレーニングはただ長距離を走る有酸素トレーニングだけではなく、心拍数を考えた心肺機能の向上、さらには長距離トレーニングでマンネリ化した筋肉に刺激を与えるための筋力トレーニングが必要になります。

複合競技

 複合的な筋力は瞬発力と持久力のトレーニングを別に行い、さらに敏捷性を上げるためのトレーニングを必要とします。

 これら複合的な筋力を筋トレだけから得ようとすると怪我につながることが研究によりわかっていますが、残念ながら知らない人が未だいて怪我をしているのが現実です。

スポンサードリンク


サブコンテンツ

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

スポンサードリンク

このページの先頭へ