ズレた体内時計を修復するための甘酒選びのポイントは、米麹(こめこうじ)で作られたものを選ぶこと。体内時計の修正に関して酒粕(さけかす)から作られる甘酒よりも約20倍も効果的なのだとか。

甘酒のグルコースが体内時計を調整する

 そんな不規則な生活や睡眠不足な人に体内時計を直すためにお勧めする一つの方法が、甘酒を起きがけに一杯飲むこと

甘酒に含まれるグルコースが体内時計を修復するのに効果的で、米麹(こめこうじ)の甘酒に多く含まれます。

グルコースはブドウ糖の一つなので、朝食でパンや米などの炭水化物を摂ることを勧められる理由もうなずけます。

朝起きて9時までには朝ごはんを食べるという理由も、なるべく早く食べることで体内時計を修復する効果があるのでしょうか。

酒粕と米麹の甘酒の違い

 米麹の甘酒よりも様々な栄養価では高い酒粕の甘酒は、日本酒のもろみを圧搾した後でできる「ろ過残存物」であるためアルコール成分残っている事が多く、子供や妊婦が飲めないなど飲める人が限定されます。

アルコールを飛ばそうと温めると酵素を始めとした栄養素が分解されてただの甘い汁になってしまいます。

アルコール成分がない酒粕の甘酒以外は、成人でも仕事がある日の朝には飲めないでしょう。

米麹の甘酒と比べた特徴としては、砂糖で甘みをつけることが多いため米麹の甘酒と比べると①カロリーが高めですが、②トータルの栄養価では米麹よりも高く評価され、③非常に安価です。

 米麹の甘酒は、潰したお米に麹菌(こうじきん)を加えて発酵させて作られており、アルコール成分はありません。

①カロリーは低く、②米と米麹の自然な甘さがありますが、③割高です。

原材料で栄養素は変わる

 栄養価は酒粕の甘酒の方が高いと書きましたが、原材料や作る工程で変わるために「一般的」な状態です。

同じ製品名でも作っている会社が異なれば栄養価も異なるので甘酒でも同様のことが言えます。