サッカー全体での練習方法を考えなばならない時、明確なビジョンを示せないコーチや監督、管理者にオススメの本。最低限どれか一冊は読んでほしいが、書いてあることはほぼ似ているので迷うなら一番新しいものを一冊だけ買うべし。

指導者のためのサッカー強化書(1997年)

<選択>サッカーチームの管理者は必須
 1997年に販売されたが、実践されている内容は現在でもほぼ変わらないだろう。
チームの管理やサッカー選手を育成する上で知っていなければならない要素がほぼ全て書かれています。分厚く内容量が豊富なために読んで実践するには骨が折れるでしょう。

筋トレやサッカーの練習方法をある程度知っている人でなければ、到底理解や実践は無理です。

戦術的ピリオダイゼーション入門(2016年)

<選択>サッカーチームの管理者は必須
 販売説明欄をよく読んで買うべし。戦術の話ではありません。
タイトル的には戦術の話かと勘違いして購入したのだが、内容は「サッカートレーニングのピリオダイゼーション(期分け)」の話。「サッカー強化書」の内容に写真を図を追加して見やすく編集したような内容で、同様に筋トレやサッカーの練習方法を知っていなければ読み進めるのが辛い。

あくまで指導者が読む内容なので、買おうか迷っている人は販売元の説明をよく読むこと。

ブラジル・サッカーのフィジカル・トレーニング(1998年)

<選択>チーム練習は決まっているけど、バリエーションを増やしたい人向け
トレーナーでサッカーでのフィジカルトレーニングを知りたい人向け
サッカーでのフィジカルトレーニングだけに焦点を絞った本で、他の本よりも詳しい内容です。
時期的にすることが決まっているチームはこの本でバリエーションを増やせると思います。

いきなりサッカーのトレーニング全てが入っている本を買うよりも、まずこちらでトレーニングを踏まえ、その後に他の本を読むという手もあります。
自称知ってるレベルだと恐らくオーバーワークになるだけなので、もっと基礎的な筋トレの本から読んだほうが良いでしょう。

説明の絵は全て人が棒です。

サッカーのコーディネーショントレーニング(2002年)

<選択>コーディネーションを意識したサッカーのフィジカルトレーニング
 コーディネーショントレーニングに焦点を当てたタイトルになっていますが、上記のフィジカルトレーニングと大した差はありません。

実際のトレーニング数は若干少ないのかもしれませんが、図と写真が織り交ぜて説明されているので、こちらの方がオススメかもしれません。
両方とも分厚い本なので、迷うならばこちらをどうぞ。