⑨コーディネーショントレーニングの競技別参考書籍

ここまでコーディネーション全般の話をしましたが、特定の競技をされている方は専門のコーディネーショントレーニングの実践がおすすめです。何か遊びで他競技を行う機会がある時は、全力でその競技を楽しむと良いでしょう。

競技別のコーディネーショントレーニング

専門競技から離れたコーディネーショントレーニングも、専門競技で能力を発揮するため。
高めた自身の能力を活かすためには最後に専門競技でのトレーニングが必要不可欠です。
コーディネーショントレーニング全般

親子でコーディネーショントレーニング(運動)

親子で遊ぶ様な年齢の低い層にオススメ。
色々な動作をしながら遊ぶことで運動神経が向上します。
専門競技に偏るのではなく、多くのことを経験したほうが運動能力は高まります。
親子編 [DVD] PART1
親子編 [DVD] PART2

バスケットボール・サッカー

スラムダンク世代としては外せない競技バスケットボール。
直にボールをコントロールしながら体を動かし続けるバスケット・サッカーは、コーディネーショントレーニングそのもの。
その競技の動きを洗練することで飛躍的に運動能力が高まります。
手で動かすバスケット、足で動かすサッカーそれぞれのトレーニングがあります。
ミニバスケットボール [DVD]
バスケットボール [本+DVD]
サッカー専用トレーニング

テニス・野球

テニスラケットで離れた空間上にあるボールを打つことは「5.識別能力」であり、コーディネーション能力を高めておく必要があります。
残念ながら野球は専門書がありませんでしたが、バットという長い棒を振り回すということは、「見るのではなく感じろ」ということかもしれません。
テニス専用トレーニング [DVD]

コーディネーショントレーニングを上回る能力がある

もし専門的なトレーニングや学習をしていないにも関わらず、人とは比較できないほどの能力がある。
そんな場合に参考になるかもしれません。
「あの娘と同じだ…」

かつてコーディネーショントレーニングを上回るセンスがあると噂されました。
第六感と言われるシックスセンス、僕には見えるんだ…のセリフで有名だったと思います。

そしてシックスセンスをさらに上回るセブンセンシズ。
貴方の小宇宙は燃えているだろうか。
ビリーは蟹座なので複雑な気分…

コーディネーションとどの様な関係があるかは分からないが、8番目の能力として推奨するフォース。
スポーツでも細胞レベルからイメージし、万物に語りかけることでスポーツパフォーマンスが劇的に上がる可能性を秘めています。
握れば分かる!大人心をくすぐる貴方だけのFXライトセーバーはこちら。