正座が正しい姿勢と言われますが、結局上半身が固定されないためにどれが正しい姿勢か分かりません。正しい姿勢と言う以上、その姿勢は大きく幅を持たない一つだと考えました。

正座は正しい姿勢ではない

正座は正しい姿勢か.jpg 日本では大抵正座が正しい姿勢と言われますが、正座では上半身(背骨のS字や骨盤の角度)が固定されない為、どの状態が正しい姿勢なのかわかりません。

正座もよくよく考えるととても不思議な姿勢で、骨盤の角度もある程度変えることができ、背骨も固定されていないのに何故正しい姿勢だと言われたのでしょうか。

バレエの美しい姿勢

 バレエや競技などで言われる美しい姿勢は、骨盤が反りすぎる極端な反り腰であり、椎間板ヘルニア等の怪我人が続出する時点でもってのほか。

バレエもいつの時代からか見直されて無理のない姿勢が基本となったと聞きましたが、やったこともないので全くわかりません。

などとひたすら試行錯誤を繰り返していると、ふと自分の考えで「正しい姿勢は一つであるべきだ」と仮定したのを思い出しました。

正座中の膝は亜脱臼状態

 大抵の外国人が正座を出来無いのをご存じですか?

正座を出来ないことが悪いわけではありませんが、姿勢を正すこともできない正座に果たしてメリットは有るのでしょうか。

競技者にとっての正座とは

 特にアスリートなどのふくらはぎの筋肉が太い人は、テコの原理でより一層膝の腱や靭帯に負担を掛けることになります。

正座のせいでアスリートは既に膝を痛めた状態から始まる時代があったとか…

膝の気休めリハビリ法

 膝に故障がある場合、まずは無理をして動かさずに、当然ながら知識の多い整形外科を受診することが第一です。

最近ではスポーツ整形がありますので、諦めずに探してみましょう。

 自力でできることとしては足を軽く伸ばして脱力し、お皿の周りをほぐします。

膝周りの筋肉や靭帯、腱を揉みほぐすことで膝にある軟骨、半月板へ掛かる圧力を減らすことが出来ます。

2016年1月に大幅な改定をしています。

 姿勢に関する詳しい情報は、コチラを御覧ください。