③他の部活と基礎トレーニングの共有スペースを作る!

まずは自分を始めとした分析を始め、部活やチーム単位の練習メニューをトレーニング分野ごとに分析した。
できればTM・RS(トレーニングメニュー・ルーティーンセット)のように並べ替え、順番も入れ替えられるまで準備をする。
ここでは他の部活やチームと連携し、練習メニューやトレーニング要素を入れ替えることを考えてみよう。

競技が変わると面白いほどトレーニング要素の割合が変わる。そのため部分的に練習へ参加する方法もある。
例えば陸上部のミニハードルや反動を使ったトレーニングなどは、走るスポーツであればどんどん取り入れたい。
陸上など走るだけの単純競技は非常に奥が深く、純粋な精度が求められる。
野球やサッカー、バスケなど各部しか知らないトレーニング法を教え合うのだ。

もしドラはあくまでも見本!?基礎トレーニングの共有スペースを作る!

さて、もしドラのように各部活が連携できれば問題ないが、果たして上手くいくだろうか?
現実的な手段を考えながら段階的に考えてみよう。
部活内でもハードルやラダー、コーントレーニングと言った基礎種目を時間交代で行うことにした。
(図はテニス部のTM・RSの例)
しばらくするとマンネリ化するので、他の部活と基礎トレーニングの共有スペースを作る事はできないだろうか。

ギブアンドテイクで楽しみながら基礎トレーニング

もし仮にではあるが、他部活や他サークルに頼られたときに自分たちが提供できるものを用意しておこう。
これは自分の競技と他の競技を差別化することで、分析する力を養ういい材料になる。
難しいことを提供するのではなく他部活や他サークルに足りない基礎練習を用意し、楽しめる内容にするべきだ。
そして共有トレーニングスペースに各部活が道具と指導者を交代で用意するのだ。

部活間で協力できる時のトレーニング種目例

  • 陸上部(基礎トレーニング)
    ラダー、ハードル、膝上げ、走行フォームの正しい姿勢。
  • 野球部(全身のコーディネーショントレーニング)
    ボールを使ったお手玉、足をオープンスタンスのスクワット状態で二人が向き合いボールを左右で軽く投げて受け渡す(名前が分からない…)など、ボールを使ったコーディネーショントレーニング。
    個人的にはクレイジーボールでの練習が好きだったりする。
    【参考】クレイジーボール
  • サッカー部(足のコーディネーショントレーニング)
    ボールを使う簡単な練習メニューを用意しておこう。
    (例)リフティング、コーンのジグザグドリブルなど。
  • バスケ部(手のコーディネーショントレーニング)
    パス回しから走りながらのパス回しと言ったのもオススメである。
    (例)メディシンボールの代わりにバスケットボールを使いながら筋トレもおすすめ。

基礎的なトレーニングから変える!?目立たずこっそりと!

テニス部などのようにコートが分かれていると共有スペースなどの発想はしにくいが、グラウンドの隅にでも作ることができる。
図にあるように各部の部員が交代で共有スペースへ行き、各部が教え合うのである。
よく考えると陸上部が一方的に教え続けるだけのように思うが、そこで各部が知恵を出し合ってトレーニングメニューや要素を差し替えるのである。

サーキットトレーニングのコースを作ると面白い!?

基礎トレーニングの共有スペースが作れるならば、ラダーやコーン、ハードルなどのコースを作ると面白い。
毎週順番を変え、タイムを測るだけでも競争できたり進歩が見えてさらに面白くなる。
【参考】ラダーハードルミニコーン

最終目標はTM・RSによる練習メニューの確立

幾つもの分野を研究し続け、自分達のレベルに合った練習メニューとトレーニングメニューが構築できることを期待している。
当サイトの研究結果の一つであるTM・RSを自分たちなりに確立してくれれば、今までとは違う練習メニューが構築できるだろう。
出されるメニューをただこなすのではなく、自分たちで積極的にメニュー差し替えられるようになることを祈るばかりである!
下記では現実で起きそうな事を考えてみたので、失敗や反対にもめげずに進めてほしいと思う。
(`・ω・´)ゞジーク・ジオン!

もしドラと現実

<理想>

  • 練習内容の真似をする
    練習の意図やコツを聞いて練習に取り入れるだけでも雰囲気は変わる。
  • 合同練習日を作る
    各部活がトレーニング道具を提供し、全体で周回できるコースを作る。
  • 基礎練習だけ参加
    例えば、陸上部のフォームの確認、ラダー、ハードルと言った基礎練習への参加。
  • 指導者を借りる
    先生や仲の良い部員を一時的に借りて、部分的に基礎練習を見直す。

<現実>

  • 生徒間で基礎練習メニューの交換、提案、改善を行う。
  • 道具を大切に扱わない奴らがいて、合同練習自体が嫌われる。
  • 時間を守れない人が多く、結局中止になる。
  • 部活などは先生同士が仲悪いと険悪になる。
  • 陸上部が一方的に教え続けるだけになる?