最近ではアメフトのようにドイツを中心にサッカーの科学的分析が行われ、全てが数値や確立(%)によって管理される時代になりました。
その管理を行うにあたり、サッカーの練習要素を明確に意識する必要があります。
ここではその目標を明確にし、目標へ近づくための練習法を自分たちで作れるように考えましょう。

サッカーの要素を分析して科学的トレーニングと組み合わせる

チームの分割法と練習メニューの作成法は一度作ってしまえば簡単なので、まずは最初に基盤を作ってみましょう。
その後に練習要素を変えていくことで練習メニューを充実させると良いでしょう。

とは言っても、自分たちでプロの試合や自分たちのプレイを撮影し分析することは非常に困難。
まずは市販の本から可能な限りを取り入れてみましょう。
【参考】サッカーのオススメ参考書

まずは基盤を作り、後から差し替えて充実させろ!

誰でも最初から完璧な練習メニューを作成できるわけではありません。
まずは大まかなメニューを作成し、変更や工夫をどんどん加えると良いでしょう。

①条件と目標を分析する
②トレーニング要素の分析と実践
③練習メニューを実践する
④班の編成を変える
⑤役割分担でメニューを改善!

固定観念を捨てろ!

「サッカーでは…、うちのチームでは…こういった練習が伝統として…」とよく耳にするかも知れませんが、練習メニューを充実させることを第一と考えると果たして優先順位が高いでしょうか。
「鳥かご」など誰もが知る優先順位の高い練習メニューもありますが、内容を定期的に見直すことで上手くなれるように工夫しましょう。