⑧野球はコーディネーショントレーニング

スポンサードリンク


 コーディネーションは7つに分類されていますが、すべての競技で均等に使うわけではありません。

野球という競技では、特にどの能力を使うのでしょうか。

野球と運動能力の高い人

 日本では王・長島両選手時代の影響が強く、もとより運動能力の高い人が野球をやっている事も多いのですが、運動に万能な事が多く他の競技でもそこそこの能力を発揮するのです。

その理由が、野球では他の競技では珍しいほどに道具を使うのです。

野球はコーディネーションTr.そのもの

 野球は体を動かし、ボールやバット、グローブなどの道具を使いこなす競技で、内外野での守備では位置を認識し、ボールの飛んでくる位置を予想します。

捕球から送球までも一定のリズムがあり、すべての要素がコーディネーショントレーニングと一致しているのです。

野球を偏りなく練習すればするほど、コーディネーショントレーニングに励むことになるのです。

野球のプレイを分析

 道具を使いこなす前提として、体を上手く使えなければなりません。

練習では投球、捕球、送球、バッティング、走塁など体の使い方(フォーム)を常に見直します。

これだけでも立派なコーディネーショントレーニングですが、醍醐味はバッティングにあります。

体から離れたベース上に飛んでくるボールを自分の体ではないバットで当てる為には、コーディネーションの様々な能力を使わなければなりません。

バッティングは7つの要素全て

 さらに、バッティングは全身をねじって力を伝えねばなりません。

足から力を加えはじめ、力の連動を行いつつ最終的にバットを加速させながら、ボールを芯にミートさせ、バットを止めるのです。

これほどの複雑な動作を日々練習しているのですが、ほぼ全てのコーディネーショントレーニングの要素がバッティングに詰まっています。

私の定義する8つ目の力を使えば目をつぶってでも当てることが出来るようになります。

スイングは最高の筋トレ

 スイングは全身に力を加えながら体を捻るのですが、バットの重みのせいで素振りだけでも加速と止めるためにかなりの力を使います。

スイングのフォームが余程ブレていても負荷は掛かるため、連動性を重視した全身の筋トレとなるのです。

 素振りの動きは投球や正拳突きなど多くのスポーツで共通するため、野球以外の競技者でも練習する人は多く、最高の連動性を追求するトレーニングと言えます。

スポンサードリンク


サブコンテンツ

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

スポンサードリンク

このページの先頭へ