プライオメトリクス(プライオメトリックトレーニング)とは、最大筋力(パワー)を瞬発力に変換する為のトレーニングのこと。特に切り返しなど敏捷性が要求されるスピード系の競技において有効とされます。

プライオメトリクスの原理とは

ジャンプなどの反動を使い瞬発力を上げるためのトレーニングをプライオメトリクスと言います。

筋肉を急激に素早く伸展させることで筋や腱が伸張反射を行い、筋力に加えて大きな筋収縮(短縮)が得られます。
また筋肉と骨がくっついている部分のことを腱といいますが、筋肉が引き伸ばされた時は腱も引っ張られます。
筋肉が急激に収縮し始めると引っ張られていた腱がゴムのように元に戻ろうとし、筋力に加えたパワーを発揮する事が出来ます。
つまり『得られる力 = 最大筋力 + 筋肉と腱の伸張反射』。
伸張反射とは脊髄反射の一つで、骨格筋が受動的に引き伸ばされるとその筋が収縮する現象のこと。

垂直ジャンプもプライオメトリクスの一つ

例として、垂直ジャンプを考えてみましょう。
しゃがんだ静止状態からジャンプするよりも、立った状態から一度しゃがんでジャンプした方が高く跳べるのは、この伸張反射の力を加えているからです。

プライオメトリクスは筋肉や腱の反射を利用し、爆発的なパワーを身に付ける為のトレーニングです。

プライオメトリクスの効果

伸張-短縮サイクル(ストレッチ・ショートニングサイクル)」の機能を改善し、爆発的なパワー発揮能力を高めることが出来るようになります。
これにより伸張-短縮サイクルに関連するスプリント、ジャンプ、敏捷性(アジリティー)等の能力が高まります。

伸張-短縮サイクルとは、極めて短い時間のなかで跳ね返るように方向変換する運動の繰り返しのこと。

【参考文献】
爆発的パワー養成 プライオメトリクス
DVD版 爆発的パワー養成プライオメトリクス