睡眠不足症候群になりやすい人は、次にあげる3つのタイプと言われます。

睡眠不足症候群になりやすい人

①多忙タイプ
 仕事や勉強のために睡眠時間を削らざるを得ない人。

たとえば働き盛りの労働者や受験生に多く見られます。

最近では、子どもを育てながら外で働いている既婚女性にも増えてきました。

性格的には、完ぺき主義や几帳面といったことの影響もあるようです。

②夜更かしタイプ
 夜更かしをして眠ろうとしない人たち。

このタイプは「睡眠時間=無駄な時間」と思っていて、テレビやインターネット、メール、ゲームなどをするために睡眠時間を削る「睡眠時間節約派」と、家族が起きているからなんとなく眠らないという「覚醒時間浪費派」に分かれます。

ちょっと注意が必要な人

③長時間睡眠タイプ
 1日の睡眠時間が10時間以上必要な「長時間睡眠者」や、日常的に必要な睡眠時間が8~10時間の「長時間睡眠傾向者」は、日本での平均睡眠時間である7時間20分眠っても睡眠不足となります。

長時間睡眠者としてはアインシュタインが有名です。

性格的には短時間睡眠者に比べて長時間睡眠者は対称的で、内気で心配性の人が多いようです。

 長時間睡眠者になる一つの注意として、病気が原因であることです。

有名な例は睡眠時無呼吸症候群が挙げられます。

睡眠時無呼吸症候群の場合、寝ている状態で酸欠になる為、回復することがないのです。