見た限りで一番安いバーベルシャフトを購入したのだが、一つ落とし穴があった。意気揚々と興奮しながら気づかずに装着していたのだが、指先に痛みはあった。でも気にしなかった…

ロックカラーは濃いめの赤!?安いとそれなりの代償が…

まず先に連結シャフトとトレーニングチューブ、活動量計とジャバが届いた。

連結シャフトはサイズが独自規格だった…

早々にうまくは行かないもので、連結シャフトはやはりサイズが合わなかった。
というかAmazonにサイズが書いてなかったのだ。
質問をしたのだが、休日を挟んでしまい返答がなかったので諦めていたが、配送の間に返答されていたようだ。
そりゃ自分のせいだけど間が悪いぜ…OTL

「サイズなどは独自の規格のため、他社製品との互換性はありません」などはっきり書いてほしかった。
返品も考えたのだが、送料600円を考えると計100~300円の返金にしかならない。
手間の方が掛かると判断して返品は諦めた。
どこかでなんとかして使おうと思う。

バーベルシャフトは買い増すしかないようだ…

結局シャフトを買い増すことにした。
本来は全く買う必要が無いのに個人的に本格的な筋トレ動作がしたかったのだ。
改めて考えると注文してから3日ほどで届く恐ろしい世の中である。
薄利多売だと困る人達が増える気もする。

バーベルシャフトで本格的なトレーニングが可能に!

自分も一応合計3年以上のジムトレーナーとしての指導歴があるので、そこそこの筋トレ方法は知っている。
教えるばっかりで自分があまりやってなかったのだが、「教える側がムキムキである必要はない」と思っているのは秘密。
そんな私が作っているボディデザイン講座はこちら。
【ボディデザイン講座】

今回の筋トレ器具が揃った!

Amazonは一度に注文をしても分割して届くことがあるので配送業者に申し訳ないのだが、こうして揃った今回の筋トレ道具が以下である。
その他持っている器具は①を参照のこと。

配送屋さんの仕事の7割が再配達

通信販売が全盛と言われているが、多いときは配送の7割が再配達らしいのでぜひとも不在配達には注意をしてほしい。
「家に居ても気づかないことあるから電話してくれればいいのに」と言う人はいるが、電話代もお金が掛かる。
2階に居て気づかないなら、2階でも気づくインターフォンに換えれば良いだけだ。
インターフォンを変えるだけでも随分と変わるので、ぜひとも検討してみてくれ。
インターフォン(Amazon)

今回の商品は4回ほどに分割されて届いたので冷や汗ものだったが、一度も不在でなかったことが不幸中の幸いである。

バーベルシャフトのロックカラー内側の加工のバリが結構残っていた

幾つかエクササイズをし終わって服に赤いものが付いていたので「配送時の箱にペンキでも付いてたのか?」と思っていたのだが、自分の血だった。

右手親指を見ると流血していて傷口がパックリしていた。
最初はカッターで切ったのか?とか色々記憶を探ると「この若干鈍い痛みは刃物ではない金属片で切ったものか?」と思い、購入した器具を見てみた。

ロックカラーの内側の加工がいい加減で、バリが随分と残っており、鋭利な状態で当たる金属部分全てを傷つけていた。

周りを傷だらけにしていた

まるで「触るもの全てを傷つける」80年代の不良状態で、工場から出荷される前に心に傷を負ったのだろう。

今まで可能な限り綺麗に使っていたものまで傷だらけになってしまい非常に残念である。
買ったばかりのシャフトを傷つけ、連鎖的におたふくシャックルのメッキ加工まで傷つけ、一部剥がれていたのでショックが大きい。

周りに当たり散らすのは勝手だが、自分がされたから他人にしても良いわけではないぞ!
この不良め!

傷口は4日ほどで塞がったが、器具の傷は一生消えない…
(普通は逆を気にするのだろうか?)

(続く)