トレーニングの方法論


 トレーニングには色々な方法がある。ここ最近では加圧トレーニングやスロートレーニングなども広く浸透している。

トレーニングの方法論

 よく「あまりトレーニングしたこと無いんだけど、どうしたら良いの?」なんて聞かれるのだが、話している途中で自分で聞いておいて「いや、こういうトレーニングの方が良いよ?(知らないの?)」とボソッと言われる。
そう思っているなら聞かなきゃ良いのにと思う。
しかもトレーニングしたこと無いんじゃなかったのか…?
さらにその人の言う方法は古くて間違っていたりする。
なんでか知らんが、否定や知識をひけらかすのが目的のように感じて仕方がない。
間違っていても良いと思うのだが、トレーニングをしたいのならば間違っていてもとにかく始めてみることだ。
間違っていたら何かおかしいと感じるし、何となくでも調べながらトレーニングを続ければ間違いにも気づける。
 アドバイスなどをすると上のような人達が「こいつわかってない」という噂などを流すため、最近では自分からアドバイスが出来ない。
むしろしてはいけない状況が出来上がっている。
 どんな人でも間違った方法や古い方法を正すには、部分的に知るのではなく幅広く「山なりの」知識を付ければ良いというのが定説だ。
自分の知識がどういう状態なのか、山なりになっているのか判断する方法はない(と思う。)
とにかく色々読んでみろということだろう。

間違いのないトレーニング

 間違うのが嫌ならば、とにかく強度の軽いエクササイズから始めれば良い。
ストレッチから始め、ウォーキング、ジョギング、自重トレーニング(自分の体の重さを使ったトレーニング)など色々出来ることはある。
いきなり突拍子もないことを始めない限り余程の間違いはしでかさないのだから。
 ただコツというものはある。
わざわざパーソナルトレーニングなどしなくても正しいウォーキングをすればインナーマッスルをほぐせるし、お尻のストレッチをすれば体全体が柔らかくなる。
理由はここのどこかに書いたような気がする。
知らないなら調べれば良いだけだし、本屋に行けば幾らでも積んである。
左上のカテゴリ「Amazonおすすめ参考書籍」で紹介もしているのに誰も見てくれないOTL
結構いい本を紹介しているつもりなのだが…


サブコンテンツ

Now Reading

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

スポンサードリンク

使用中の活動量計UP24

 アマゾンのタイムセールで2500円なら買ってみたいと衝動買いした代物。購入者レビューを見ずに買ったため、後から読んで壊れないか恐る恐る使っている状態。2016/5/29に使用を開始したのだが、サイズが女性用のS限定だったために腕に喰い込んで痛い。

その他活動量計

使用中の体組成計RD-902

 「トレーニングするならやっぱり正確に記録したい」と思い、重度の金欠病にも関わらず衝動買い。愛機のスマホnote3とでは連携できない可能性もあったのだが、人柱になるつもりで見事連携成功!2016/6/20から使用開始!!

 下にある大雑把なグラフがビリーの体組成。こんなわかりにくい連携じゃ流行りませんよ?タニタさん…(PCじゃないと見れません。)

ビリーの体組成

 これはあまりにも大雑把すぎるのでは…

Twitterにも連携していますよ

このページの先頭へ