スマートフォンとスマートウォッチを連携して健康管理
※当サイトの記事には、広告やプロモーションが含まれることがあります。

※購入に資金が掛かるため、任意(オプション)としています。

 少し前に体脂肪率や筋肉量が計測できる体組成計スマートホン(スマホ)の連携が常識となりました。
さらに最近ではトラッカーと呼ばれる腕時計型の活動量計測装置(活動量計)で生活強度や睡眠の質まで評価できるようになりました。
最近のスマートウォッチにはトラッカーの機能まで搭載されたことで、より一層人気が高まりました。

体組成計活動量計がスマホと連動したことで、かつてプロアスリートしかできなかった体調管理法(コンディショニング)が健康を意識する現代人なら誰でもできるようになりました

この記事では、なぜスマートウォッチなどの活動量計が健康管理に優れているのか、そのメリットとオススメポイントを探っていきます。

最新のウェアラブルテクノロジーで体調管理を最適化!?プロアスリート並みのコンディショニングを実現

最近のスマートウォッチやトラッカーはビジネスや普段遣いで多機能な分お値段も高めですが、お値段が高い分センサーの機能も優れていたりします。

スマートウォッチのセンサー技術で健康管理

 近年のスマートウォッチは、心拍数睡眠状態歩数などの健康データを綿密に計測できる高度なセンサー技術を搭載しています。
これにより日々の健康状態をリアルタイムで把握し、適切なアクションを起こすことが可能です。

例えば筋トレの実施可否。
体が回復していないのにエクササイズを加えても逆効果になることもあります。
スマートウォッチで健康管理を行えば、明確な基準を数値化することができるのです。

生活強度の測定

 普段の生活強度が高い人は、無理にエクササイズを加えなくてもサプリメントを活用することでボディデザインができる可能性もあります。
ご自身の感覚で生活強度を判定するのではなく、明確な基準を作り、普段の生活強度を測定することで評価できるようになります。

生活強度が低い人はエクササイズを加える必要がありますが、生活強度が高い人にとってエクササイズは必ずしも正解ではありません。

その判断材料をスマートウォッチやトラッカーでの測定で増やせるようになりました。

睡眠トラッキングの進化

スマートウォッチは睡眠トラッキングにおいても優れており、深い睡眠、浅い睡眠、目覚めの回数などを詳細に分析します。
これにより、質の高い睡眠を促進し、日中のパフォーマンス向上に繋げることが期待できます。

睡眠は我慢して削るのではなく、質を高めることで勝手に睡眠時間が減るのです
以下のサイトでは、睡眠の質を改善する方法も紹介しています。
【参考】睡眠の改善方法とは

運動データのリアルタイム表示

スマートウォッチがリアルタイムで提供する運動データは、運動が好きな方にとって強力な味方となります。
心拍数や消費カロリーだけではなく、歩数や走行距離など具体的なデータを確認することで、今まで感覚的だった運動量が数字となって明確になります。

私がフットサル中に計測した経験では、体調の良い時は頑張っただけ走行距離や運動強度が伸び続けます。
しかし体調が悪い時はどんなに頑張っても、走行距離も運動強度も上がりません。
体調が悪くても頑張ればパフォーマンスは上がると思っていましたが、これは数字で確認しなければ気付けませんでした。

数字となって明確に表示されることで、体調管理を明確に行うことができるようになり、トレーニング効果も最大限に引き出すことができるようになるのです。

数値で評価されることで、トレーニングや運動のパフォーマンスを改善する具体的なきっかけになるのです。

スマートウォッチをオススメする対象者

まず健康意識が高く、運動や筋トレ、エクササイズが趣味の方、効果的な健康管理を求める方々にオススメです。
またスマートウォッチは電子決済にも対応を始めたため、ビジネスシーンや普段使いでも活用方法が増しています。

生活の一部にスマートウォッチを取り入れてみてはいかがでしょうか?
【参照】おすすめの体組成計やスマートウォッチなど

スマートウォッチの未来展望

 健康管理の新しい時代を切り拓くスマートウォッチやトラッカーは、今後の進化に期待が高まっています。
最近のスマートウォッチはスマホと連携を高めることで
健康データの精度向上や新たな健康機能の追加などでこれまで以上に自分の体を知り、ケアするためにもますます使いやすくなることでしょう。

 スマートウォッチは健康を手にする新たなツール

 スマートウォッチは日常の健康管理において非常に優れたツールで、正確なデータ収集とリアルタイムな提案により、より良い生活習慣を築く手助けとなります。
ご自身の生活習慣から取られたこのデータを元に、ダイエットメタボリックシンドローム(メタボ)対策、綺麗で美しい体を作るボディデザイン、部活やクラブチームの選手が行うボディメイク(体作り)など各自の目標に向かい、共通する体調管理(コンディショニング)から計画に変更を加えれば、効率の良い計画が立てられることになります。