冬の寒さで外に出る意欲も失せ、温かい部屋にいるとどうしても自堕落な生活を送りがち。

そして春を迎える頃には大幅に体重が増えて大後悔。

果たして冬は本当に太るだけの時期なのでしょうか?

確かに冬は太りやすい時期

 人の本能として、寒くなると脂肪を増やし体温を保持しようとします。

体を温めるためにはエネルギーが必要なので、より多くの食物を摂取し、エネルギーの塊である脂肪を貯め込もうとします。

また寒いから動く意欲が無くなるなど、夏に比べて運動量が減ることも、太りやすくなる原因でしょう。

冬に太りやすいのは、気持ちの問題と生命維持の観点から仕方がないのでしょうか。

冬は脂肪が燃えやすい時期でもある

 暑い夏に比べると寒い冬の時期は身体の体温を維持しようとする働きが強くなり、基礎代謝量が上がってエネルギーを消費しやすいのです。

気温と体温の差が大きくなればなるほど、体温を維持しようと身体は体温を上げようとします。

体温を保つためにエネルギーを使ってより多くの熱を作れば、基礎代謝量が上がりやすくなります。

体がエネルギーを必要とするということは、つまり痩せやすい時期とも言えるのです。

つまり、冬は運動さえすれば脂肪を落としやすい時期になるのです。


 では冬場ならではの脂肪を落とすコツをまとめましょう。

冬に脂肪を落とすコツとは

 無理のない範囲で薄着になり、意図的に体を冷やします。

エクササイズなしでの薄着はあまり効果がありません。

体が自発的に体温を上げなければならない環境を作り、代謝を高めるねらいです。

午前中の早い時間に筋トレやエクササイズをして、一日の体温を高く保つと脂肪が燃焼しやすくなります。

ジョギングやウォーキングの前に、スクワットや腹筋などのちょっとした筋トレをするだけでも効果は違ってきます。

重要なのは一日のトータルのエネルギー消費量を増やすことですが、朝燃やし始めると一日のトータルが大きく変わります。

※体温の上昇により脂肪の燃焼を高める効果は、自発的な体温の上昇でなければ意味がありません。

結局は自分次第

 冬の間に脂肪をため込むか、引き締まったボディを手に入れるかは本人の努力次第。

朝食を抜くのではなく、しっかりと食べて燃やす添加剤を補給し、脂肪を燃焼させましょう。

朝ごはんを抜くと燃やしだすものがなくて、ダイエットになりません。

腹八分を忘れずに!