やる気のないトレーナーと実践者が同居するビリーであっても、それなりのことはしようと思う。ベテランのトレーナーに見栄えの良くなるトレーニング方法を聞いてきたのだ!!コレでビリーも魅せる体づくりww

トレーニング方法を組み合わせて魅せる体へ

実際は10kgのダンベル.jpg 前回までにも話した通り、10kgのダンベルと4kgの鉄アレイを負荷の中心とする。

 いかにやる気が無いと言っても知っていることは可能な限り組み合わせるのだが、読者にとっては「何か特別なトレーニングをしているのではないか(゚A゚;)ゴクリ」と興味があるだろう。

そもそも「トレーニングの方法?」と思う人も居るだろうが、なんと写真のようなダンベルを持ち上げる速さを変えるだけでも効果は変わるのだ。

研究すればするほど奥が深いのが筋トレである。

自前の記事ではあるが、過去の記事を振り返りながらじっくりと話していこう。

 

スロートレーニングでゆっくり1レップ

 今回ビリーの筋トレは大きく2つ基本があり、まずは①スロートレーニング(俗にスロトレ)だが、正しい秒数にはこだわらない。

何となく片道3秒、スティッキングポイント(一番きつい状態)で静止3秒の計9秒を1回(レップと言う)とする。

加圧トレーニングで効果が290倍に!?

 次の基本は②加圧トレーニングだ。

加圧バンドにより脇の下と足の付根の血流を減らすことで脳に激しいトレーニングだと幻惑させ、成長ホルモンが多く分泌されるというトレーニング方法。

真面目にやらない「ながらトレーニング」

 もうおっさんになったせいか、部活など真面目に成果を発揮する場所がないせいか、筋トレを真面目にやろうとすると正直すぐに飽きるので、続けるためにはとにかく適当に始めつつ適当に行う。

要するにTVやPCを見ながらやるながらトレーニングなのだ。

筋トレを始めてみよう

 読んでいる人は少なくても、筋トレがこんな感じで良いのならやってみようと思った人は多いに違いない…

効果が現れ出したら予定を立てつつしっかりと始めれば良いのだから、まずは適当に始めてみよう。

追記;この記事のために加圧トレーニングの記事を追加しておいた。
スロートレーニングの記事は間に合わなかったが、来週中には追加しておきたい。