⑭フィジカルTr.の相互作用


 段々不定期配信になりつつあるが、なんとか更新を目指す。今回は「筋トレが競技へどう影響を及ぼすか」と言う話題。

スポンサードリンク

最近の自分

 今まで頑張って食事を抜かないようにしていたのだが、ついに抜いてしまい1kgちょっと体重が落ちた。(:_;)

人生初の65kgまで上がったのに、64kgを切ってしまった。

ちょうど風邪気味だったところで朝食を抜いてしまったせいか、気管支喘息の兆候も見れる…うへぇ。

 解説付きの日記になる予定が、最近時間を別のことに割いていたので成り立っていなかった。

前回も参照と振ってはあるがリンクが付いていないので、そのうち…

フィジカルトレーニングの分類

トレーニング分類図.jpg

 最近ビリーの提唱する競技のフィジカルトレーニング(以下、Tr.)は、左図の様な分類になる。

これはフィジカルTr.の分類であって、これに競技練習が別で加わってくる。

左図の分類はビリーが作ったのだが、Tr.の名前と分類方法が知られていなかったために体幹Tr.という意味不明なTr.が確立されてしまったこともある。

正確にはスタビライゼーションTr.と言って、安定性を求める目的別のTr.名だ。

最早今後訂正されることはないだろうが、読んだ人だけでも正しいTr.の分類と命名法を覚えて欲しい。

フィジカルTr.の相互作用

 前半を踏まえてTr.の相互作用について本題に入る。

筋トレをすると競技レベルが下がるような錯覚は、上手く表現できないが「人間の体は全力を出している最中の動作に一番強く対応しようとする。」ことからくるそうだ。

つまり心では競技レベルを上げようと筋トレをしているのに、練習量や時間で言えば極わずかの筋トレの方が筋肉の特性へ強く影響するのだ。

 サッカーや野球の細かい動きを身につけようとアジリティーの練習で細かい動作を覚えこませたのに、筋トレをすることでゆっくりと重い動作が体に染みこんでしまうのだ。

ここで「筋トレでも早い動作をすれば良いのだ」と大きな勘違いをする人がいるので要注意が必要となる。

ビリーの知り合いでもフットサルプレーヤーM田氏がその一人と本人が言っていた。

D氏の勘違い

 筋トレでも連動性という言葉が使われるためによく勘違いをする人がいる。

筋トレの中で複数の筋肉を使う種目だと、「連動性が向上される」ようなことが書いてあるのだが、これはあくまでもこの筋トレ種目(おもりを持ち上げる動作)だけでの連動性だ。

よく一緒に筋トレをするD氏に何度もこの説明をしているのだが、頭に入らないようだ。

競技の練習の為に行う筋トレの目的は、アジリティーや瞬発力の向上のために最大筋力を上げることにあるのだが、競技性は落ちることになる。

スポンサードリンク

理想のフィジカルトレーニング

 じゃあ結局どうするのかというと、競技練習と筋トレの量をコントロールするしか無いのだ。

前半にある図でなんとなく分かると思うが、競技に必要だからといってアジリティーばかりやっていても起因力が足りないために速さは上がらないし、筋トレばかりやっていると体が単調な動きしかできなくなる。

いつも筋トレを決めた量やっているからやる。のではなく、最終的には常に体の状況や記録を見て判断するのが理想となる。


サブコンテンツ

Now Reading

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

スポンサードリンク

使用中の活動量計UP24

 アマゾンのタイムセールで2500円なら買ってみたいと衝動買いした代物。購入者レビューを見ずに買ったため、後から読んで壊れないか恐る恐る使っている状態。2016/5/29に使用を開始したのだが、サイズが女性用のS限定だったために腕に喰い込んで痛い。

その他活動量計

使用中の体組成計RD-902

 「トレーニングするならやっぱり正確に記録したい」と思い、重度の金欠病にも関わらず衝動買い。愛機のスマホnote3とでは連携できない可能性もあったのだが、人柱になるつもりで見事連携成功!2016/6/20から使用開始!!

 下にある大雑把なグラフがビリーの体組成。こんなわかりにくい連携じゃ流行りませんよ?タニタさん…(PCじゃないと見れません。)

ビリーの体組成

 これはあまりにも大雑把すぎるのでは…

Twitterにも連携していますよ

このページの先頭へ