2018年1月、とある車やその他イベントで30人以上のコンパニオンさんたちに「ボディデザイン(スタイルの改善)で心がけていることはなんですか?」と直接質問させていただきました。
お答えいただいた内容を報告します。

栄養管理でダイエットよりも太らない生活習慣の確立

一番印象的だったご回答は「ストレスになることは避け、自分ができることを継続している。自分の体質を知り、太らない様に食べられるものはガッツリ食べて満足する。食べすぎたときだけは運動したりもする。」でした。

全体を通して印象に残ったこと

ご本人たちは「栄養管理」として意識されていませんでしたが、他にもそれぞれ得意分野の知識をかなりお持ちでした。

  1. 全体的に健康関連の知識を持つ人が圧倒的に多く、仲間でオススメの情報を調べて共有し、常に増やす。
  2. 「太ってから痩せる」よりも「健康的に太らないように維持する方が簡単」なので「太らない生活習慣」を意識する。
  3. 完璧には我慢せずに、時には食べてストレスを溜めない。
  4. 勿論モーターショーなど大きなイベントばかりではないが「仕事続きなので自然と継続する結果となるのかな?」と言った方も。

自分の体質を知り、栄養管理と継続できることを増やしている

  1. 健康的に炭水化物は摂るべきものなので「何を食べると太る」、「ご飯だと太らない」など食事の時間帯自分の体質と量を知り、加えて御本人が継続しやすい+αを工夫して増やす人が殆ど。
  2. カロリーはなんとなくでも計算する。酵素やフルーツ青汁等も飲んでいる。
    とにかく自分にできることを増やしながらの継続を心掛けている。
  3. 人に見せる事を常に意識して整体などに通ったり、骨格や見た目が綺麗になるような体操やヨガ、ストレッチ習慣を続けている。

栄養管理について

ご回答頂いたものの中には自分の紹介しているものが多くあり、この講座で紹介することにも自信がもてる結果となりました。
当講座では基本的な栄養学に加え、体内時計を整える時間栄養学にも注目し、ポイントを加えてあります。
【必須】

想定外のご回答「体は動かしたくない」

しかし驚いたことに「運動が苦手だから体を動かしたくない」などエクササイズをする方が殆どいらっしゃいませんでした。

エクササイズをする人が圧倒的に少ない想定外の結果が!?

ジムなどで専門的にトレーニングを継続する方は30人以上でもわずか一人。
「自宅で知っている範囲の筋トレやジョギングなどを継続している」と答えられた人も3人ほど。
そのうちの一人は数年のヨガ経験者のため、自宅で継続する程度とか。

プロのコンパニオンさんも行わないエクササイズをなぜ加えるのか

近年「エクササイズは脂肪の燃焼に非効率だ」と指摘する声があり、栄養管理が得意なプロのコンパニオンさんの中にも「エクササイズは不要だ」と考える方もいらっしゃいました。
しかし一般的に栄養管理だけでのボディデザインは大変難しいため、当講座では脂肪の燃焼を促進するエクササイズと組み合わせ、良い所取りで早く効果が出ればと考えました。
またエクササイズは栄養管理だけではできないボディデザインを可能とし、リバウンドしない習慣と体質を目指します。