使用期間が長いと、天日干しや掃除機だけでは足りません。

自分の寝汗や脂分がしっかりと吸収されていますので、そのお手入れが必要になります。

使い古した布団のお手入れ

 まず重要なのが布団の中にいるダニを殺し、卵まで殺すこと。

ただ洗うだけではダニが死んでもダニの卵が残り、同じ事の繰り返しになります。

そこで卵の駆除までが必要なのですが、卵までを殺すにはちょっとコツがあります。

まずホームセンターや100円ショップで布団を入れる大きなビニール袋(出来れば黒を推奨)を買います。

ポリ袋・見本 90L 黒 10枚入り
こんなのがあれば充分だと思います。

ダニの成虫と卵を殺す手順

ダニよ、安らかに眠れ!

①真夏の昼間に洗う予定の布団を特大のビニール袋に入れて、
 殺虫剤をシュシュッと中に一吹きして密封します。

ここで2通りあります。

②日の当たる車の中に入れて2時間ほど放置する。

③ガレージなど日の当たるコンクリートの上に置き、
 1時間たったら裏返す。

(この場合は黒のビニール袋を推奨。

 ビリー推奨・水性キンチョールジェット 無臭性 300mL
水性なので、洗うとしっかりと落ちて安心間違いなし。

場所にもよりますが、日の当たる地面に置く際にビニールで蒸すためにビニールは黒の方が良いかなと思っただけです。

最後に死んだダニや卵、糞を洗い流す

 このままでは死骸が布団の中に残っているので、そのままでは次に侵入してくるダニたちの格好の餌になります。

 最近は布団まで洗えるコインランドリーが多数存在しますので、登録していないところもありますがインターネットなどを使って調べれば簡単にわかります。

一度近くのコインランドリーへ行って確認すると良いでしょう。

洗った後にしっかり乾燥すれば清潔間違いないですね!

布団の丸洗い(洗濯)方法

(お手軽度・疲労感・費用)で比較。

①自分で洗濯。

(1・5・5)
 とにかく疲れます。

脱水も折りたたんで踏むなどの工夫が必要になり、天気にも左右されるのであまりオススメできません。

日当り良好でも1日では乾かないことも有り。

 参照
②コインランドリーで洗濯。

(5・3・2)ビリー推奨
 近場に布団も洗えるコインランドリーがあれば最高です。

お値段はマチマチですが、洗濯と乾燥までができれば1、2時間もあれば満足な仕上がりになります。

車で運んで洗えばそれで終了です。

 
 参照
③洗濯業者に頼んで洗濯。

(3・2・1)
 布団を痛めず、プロによる一番安心な仕上がりが期待できます。

ただ最近は布団自体がかなり安くなっているので、洗濯業者に頼むぐらいだと新しい布団が変えちゃったりします。

 参照