スポーツ回復方法研究室

 睡眠・回復方法研究室は、マッサージや半身浴、睡眠方法を研究し、普段からスポーツにも欠かせない回復力を向上させる研究をしています。

「睡眠」の記事一覧

スポーツの怪我の予防と回復

├怪我の予防* │├①バンテリンサポーターで怪我の予防 │└②腓骨筋のトレーニングが捻挫の予防 ├怪我をした後 │└ZAMSTサポーターで足首を固定 <回復促進方法> ├休養の種類* │└積極的休養と消極的休養 ├部分浴 […]

③サマータイムで退社後の時間が増える?

日本睡眠学会は、サマータイム導入は睡眠不足に陥る可能性が高いのに加え、睡眠軽視傾向にある日本人では睡眠不足に拍車が掛かることに言及。 議論を通じて、国民全体で睡眠に対する関心が高まることに期待を寄せている。 サマータイム […]

③金縛りに掛からないための方法

 睡眠の質が悪かったり睡眠時間が不足していたり、あるいは日中に睡眠をとる習慣があると金縛りになりやすいことが分かっています。 金縛りを避ける方法  これは、睡眠の後半に多く現れるはずのレム睡眠が、寝ついてすぐに現れてしま […]

②金縛りの正体

 夢を見ることが多いレム睡眠中は、筋肉は動かないのに脳がかなり活動しています。 このときに、脳だけ完全に目覚めてしまうと金縛りが起こるのです。 脳は眠った状態のまま  金縛りが起きたとき、本人は目覚めていると意識していま […]

①科学的に解明された金縛りのメカニズム

 睡眠中にふと目が覚めたものの、起きたのは意識だけ体は動かない。 そんな経験はありますか?実際になると結構怖いもので、できれば金縛りにはなりたくないものです。 金縛りの由来  金縛りは元々、お不動さんの名で親しまれている […]

熱帯夜のスーパークール快眠法-②

 夜の眠気は体温が下がるときに強くなります。 眠る2時間ほど前に入浴や運動で体温を上げておくと、そのあと急速に体温が下がって寝つきが良くなり熟睡できます。 睡眠と体温の関係  入浴は38~40度のぬるめのお湯に20分ほど […]

熱帯夜のスーパークール快眠法-①

 夜は外の気温が下がり人の活動も減る分、電気の消費量はピーク時の3分の2から半分に激減します。 熱帯夜を乗り切るためには必要な電気を使い、寝室の環境を良くすることが大切です。 快適な寝室の環境  寝室のエアコンの設定温度 […]

②入眠と帰宅後の行動の関係

帰宅後から睡眠前までには、必ず1度リラックスタイムを設けましょう。 就寝までの必勝パターンを作る 気持ちが張り詰めた状態のままで睡眠についた場合、眠りが浅い状態になります。 そこで帰宅してから一度リラックスすると、深い眠 […]

ストレス-眠りを妨げるもの

カフェインには色々な良い効果もありますが、依存症があり摂取の方法によっては睡眠を大きく妨げる要因になります。 カフェイン依存症 カフェインの摂取は「神経が一種の興奮状態になり眠気がなくなる」のですが、コップ一杯(150m […]

①いびきの原因と予防法とは

 いびきは一見すると熟睡しているように見えます。 しかし、いびきをかいた状態とは良い睡眠ではないのです。 いびきの原因とは  いびきの種類は人により異なり、複数の原因でいびきをかく場合もあります。 一般的にお酒や睡眠導入 […]