さて、この頃ご無沙汰だったこの日記だが、ひたすら姿勢に関する記事を再編集している。頭では分かっているのだが、睡魔と格闘しながら書いた大昔の文章に追記をしているので、余計に時間が掛かっているのかもしれない。

筋トレをサボると…

 風邪をひいて以来、トレーニングを20日(もう少し?)ほどやっていなかったと思うのだが、筋力が恐るべき落ち方をした。

両足の筋肉全体を使って挙げるレッグプレスというものがあるのだが、180kgも数回挙げられたのだが、20日やらなかったばかりに150kgがやっとになってしまったのだ。

しかし、このままではマズイと年末年始の遅れを取り戻そうと息巻いている。

そこへきて最近朝食を抜いてしまったところ体重は0.5kgしか落ちなかったが、体脂肪率が2%以上上がった。

分解される筋肉

 炭水化物が補給されないと人間は筋肉を分解してエネルギーに変える。

2%体脂肪率が上がったというのは、筋量自体が減ったことを意味するのだ。

自分で食事を抜くのはトレーニングに逆効果と言っておいてこの体たらくなので、やっぱり運動は向いていないのだろうかww

最近は上半身を意識している

 ただ魅せる筋トレは聞いた通りにチョビっと再開しているので、胸板はついてきた気がする。

サッカーやフットサルばかりをやっていて下半身がムッキムキのビリーは、野球を辞めて以来、上半身が普通の筋肉量でありバランスが悪い。

その為に上半身を攻めているのだ。

 特に気候変動の元となっている松岡修造氏の様に「全てに向かう姿勢」と言った難しいことではなく、純粋に自然体の姿勢についての話だ。

姿勢を科学する

 読んでいる人が思う以上に姿勢とは重要である。

実はスポーツ競技だけではなく、自然体の姿勢だけでもなく、筋トレにすら姿勢は重要なのだ。

自然体の姿勢は人間で最も基礎になるので、基礎がズレているとスポーツや筋トレにも影響が出てくるのだ。

基礎がズレているといえば数本の杭が(´ρ`*)コホンコホン

姿勢が筋トレに重要なのは、少し角度が変わってしまっただけで、刺激が別の場所へ逃げてしまうのだ。

姿勢研究室を編集中

 姿勢に興味がある人は、今まさに編集中である「あられもない姿」を見てみたらどうか。

日本語や表現、改行のおかしい文章がそこにはあるのだ!

自分が書いているとは知らずに「これ書いてる人日本人なのかな?」とか近くで言ってくれる人もいるぐらいの盛況ぶりだ!

一刻も早くまとめたい限りだ。

 姿勢に関する詳しい情報は、コチラ