Docomoやau、softbankと言った大手通信会社とは別にある格安通信会社は、なぜあそこまで安いのでしょうか。その格安通信会社が大手としている契約方法をMVNOと言います。

MVNOとは

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略のこと。
自社でのアンテナを持たずDocomoなど大手の通信会社と契約し、アンテナを借りて通信を行う事業者のこと。
紹介しているOCNはDocomoのアンテナを借りているために、実際はドコモのSIMカードを使います。

プロバイダ選び

自宅のインターネット固定回線の契約と全く同じです。
使用している回線はNTTの光回線なのに、実際の契約会社は別会社ということ。
結局自宅の固定回線なのか、スマートホンのモバイルというだけの差。

大手の通信会社は高額のため、最近ではMVNOを使って安く済ませようという人が多くいます。
無理に1台にする必要はなく、1台目をガラケー、2台めをスマホにすることも出来ます。

MVNOの有名どころ

1.OCN モバイル ONE
ビリーも契約しているOCN。
特に不具合もなく使えています。
ヤフオクでドコモ販売の機種を買ったので、安定動作中。

2.BIGLOBE LTE SIMカード
ビッグローブもドコモの通信回線を使用しています。
使うのであればドコモの機種か、SIMフリー機がオススメ。

3.IIJ(ツージェイ)- BIC SIM音声通話パック
あまり聞いたことのないIIJと言う会社ですが、BICカメラが販売していて有名です。
通信回線はやはりドコモ。
ツージェイと言う会社ではミオフォンと言う言葉が有名です。