女性の方の中にはダイエットをして減量をしたいけれど、バストは残したい方が多いはず。

深く考えずにテレビなどで人気のダイエットを実践しがちですが、正しいダイエット方法で正しい減量をしなければ、残したいバストが小さくなります。

こちらでは胸痩せしないダイエット方法を紹介します。

運動で減量する方法を取り入れる

 ダイエットを始めると、食事制限をする方が多くいます。

食事制限の代表的な例は低炭水化物ダイエットです。

炭水化物はブドウ糖に変わり脳の働きに関わる重要なエネルギー源となるため、過剰な低炭水化物ダイエットは脳機能の低下を招きます。

脳機能が低下すると女性ホルモンも低下し、バストにも影響が出ます。

そのためバストを維持したままダイエットをしたい方は、まず食事制限ではなく体を動かすエクササイズや運動をおすすめします。

大胸筋を鍛えるとバストアップにもつなげることができるので、大胸筋を鍛えることができるようなトレーニングも一緒に取り入れると、より一層バストを維持することができるでしょう。

 ・痩せるどころかもっと欲しいという方は…

運動を取り入れるときのポイント

 ダイエットの運動というと、バストが揺れる激しい運動をイメージしますか?
胸痩せを防ぐためには、揺らさない逃がさないという2つのポイントが大切になります。

運動をして、バストが揺れるとお肉が逃げてしまうのです。

バストを逃がさないためにも激しい運動は避けるべきですが、どうしても激しい運動を取り入れたいと考えられている方は、スポーツブラをつけてバストを固定しましょう。

この他にも、バストを維持したままダイエットを始める場合は、お腹周りや下半身を中心的に引き締めてバストを大きく見せるという方法もあります。

おっぱい番長の「乳トレ」 ダメ乳、ポッコリお腹、肩こり撃退!

( ゚∀゚)o彡°

 Amazon見てたらちょっと目についたもので…

 当サイトでは、ダイエットやトレーニングに関する情報をご紹介しています。

正しいダイエット方法を見つけて理想の体を手に入れたいと考えられている方は、是非ご参考にしてください。