私は「自分の能力」や「自分が行っていたトレーニング」がどういったものであったのかを「本を読んで調べる」だけで、自分では実践するが他人に教えていないのです。

明かされる真実

つまり、「なんちゃってトレーナー」ということになる。
自分でも最初に挙げたものの中から選ぶのは、何か抵抗があるわけで…
自分で研究をして、オンラインでこっそりと発表しているので、「なんちゃってトレーナー」と言う称号で充分ですね。
ドラクエの職業で言うところの、一つ星といったところでしょうか。
ここで自分なりにトレーナーというもののレベルを考えてみました。

トレーナーのレベル

 ★×1 なんちゃってトレーナー
 ★×2 覚えたてトレーナー
 ★×3 見習いトレーナー
 ★×4 人並みトレーナー
 ★×5 人気トレーナー
 ★×6 引く手あまたトレーナー
 ★×7 お抱えトレーナー
 ★×8 プロ指導トレーナー
こんなところでしょうか。
 残念なことに、私もオンラインで発表できる知識もそれほどないです。
長い間このサイトを見てくれている人なら想像出来るかもしれないのだが、このHPの編集能力がないので、発表したいこともできないのである。
エッヘン。
そうでなくてもそういうことにしておこうと思います。