アクセス解析を見てると誰も読んでいないだろうと思いしばらく更新していなかったのだが、幾つか驚くべき事実を知ったので更新することにした。「体重が増えない理由は朝ご飯を食べない」それだけだと思っていたのだが、なんと恐るべき事実が発覚した。体重を減らしたい人や、自分のように体重を筋肉により増やしたい人にとっては朗報となることだろう…

ダイエット効果の高いプロテイン

SAVASダイエットプロテイン いつも飲んでいるプロテインはチャンピオン社のホエイプロテインなのだが、海外からの発送なので到着までに2週間ぐらい掛かることがある。
会社にもより安くするためにコンテナを使うらしいのだが、コンテナが満杯になるまで日本には発送しないそうだ。
その来ない合間を作らないために、いつもは飲まないプロテインを買ってみることにした。
職場の同僚が飲んでいるのはSAVASのアセロラ味だそうで、ジュースレベルで止まらないぐらいに美味しいのだとか。
到着の遅延の間だけで、長い期間飲み続けるわけではないから、今回は味にこだわってみることにしたのだが・・・

プロテインの味にだけ目が行った

思っていた以上にプロテインの消費が激しく底をつき、焦って今回はお店で購入することにした。
筋肉量による体重増加を目指しているが、ウェイトゲインのプロテイン(説明をよく読むと糖だらけ)は糖が尋常な量ではないのと粉飴も既にあるので辞めといた。
最低でもホエイプロテイン(消化吸収時間が2~3時間)で、美味しいものであればちょっと高くても良いやと選んだつもりだったのだが、何も見えていなかったようだ。

しばらく気づかなかった

飲んでいても何か違和感を覚えることが多かったのだが、買ってしまったものはしょうがないので飲み続けることにした。
お腹の調子も悪く(良すぎに?)なり、違和感を覚えてようやく袋を確認すると、左下にこっそり(しっかり)と大豆(ソイ)プロテインと書いてあった…

大豆(ソイ)プロテイン

 大豆(ソイ)プロテインは女性ホルモンの構造に非常に似ているイソフラボンが入っており、体に合わない人はとことん合わないと医者に言われていた。
しかし大豆プロテインは女性におすすめする理由があり、『女性ホルモンに似た構造を吸収することで、女性らしい体つきになれる』のだ。
ただし吸収限度(規定量?)があることと、「運動やエクササイズをしないのに必要以上を飲むと、体内で過剰なタンパク質量となり、老化を早める可能性がある」とされているそうだ。
ビリーは大豆プロテインがもろ体に合わないらしく、26歳ぐらい?のときは飲むと吹き出物が大量に顔に発生したほどだ。
幸いなことに現在では吹き出物は出なかったが、他にもまだ違和感を感じずには居られなかった。
また大豆プロテインは飲んでから消化吸収に5~6時間掛かるため、スポーツ後に飲むのは向いていない。
ソイやカゼインプロテインは特に消化吸収迄に時間がかかるので、スポーツ後のゴールデンタイムを意識して飲まなければ血中内に無いので意味がない。
よくソイやカゼインのプロテインのレビューで「ソイプロテインを運動後に飲むと効果が抜群!」とあるが、プラシーボ効果だろう。
結果が出れば万事おkなのだが、まさに気のせいだろう。

ようやく気づいた

飲み続けてしばらくして気づいたのだが、堂々とウェイトダウンプロテインと書いてあった。
もちろん嘘なのだが、英検2級のビリーでは読めなかったのだ。
初見ではガルニシアと言う成分に対しては「昔巨人にガルベスが居たな」程度にしか意識がいかなかったのだが、ガルニシアの記載に更にあとで気づいて調べると、どうやらウェイトダウンの秘密はガルニシアにあるようだ。

ガルニシアはダイエット成分!?

ガルニシアを調べると、大抵のサイトではダイエット成分だと出てくる。
ウェイトゲインを目指している人からすれば対局に位置するものだったンゴ…
サイトによっては「簡単に言うと下剤で、食欲も落とす」と書いてあった。
これはちょっと言いすぎだろと思っていたものの、ビリーは食べても食べても体重が増えないどころか、ちょっと食べるのを忘れると一気に体重が減るのである。
もちろん運動は激しく行っているが、計測のために頑張って朝食も食べていたのだ。(この時だけは。)

拙著のTCDだが、体調と栄養管理をしながらこれを飲めば簡単に減量出来るんじゃないのか???
アマゾンのレビューにも同様の感想が書いているので、間違いは無いだろう。

次回予告

知ってはいたのだが、自分が考えていたよりも甘く見ていた事があったのでそれの話題を書くことにする。
ボディビルダーに聞いていたんだけどね…(・o・)ポカ~ン