トレーナーという職業について(その4)


  プロに帯同する競技(アスレティック)トレーナー以外で、同じレベルとまでは言わなくても、それほどの知識をもてる人はそうそういないだろう。

収入という重要なもの

またいたとしてもその人を正当に評価してお金を払える人はいないのだろう。(日本語がおかしい・・・)
 当然ながら生活するにはお金が必要であるわけで、収入が無ければボランティア止まりである。
●競技(アスレティック)トレーナーは必要なのか
 はたして「競技(アスレティック)トレーナー」は必要なのだろうか。
私はそれぞれレベル・分野にあった競技(アスレティック)トレーナーが必要だと思っている。
理由は単純で、間違った知識が広まってほしくないことと、時間を無駄にしてほしくないからだ。未だに経験や意味も分からずに指導している人が多く、自分が知っていることを広めたいかのように感じてしょうがない。
 では一体どうやって「競技(アスレティック)トレーナー」を広めれば良いのだろうか。
まずは一般的に存在する「ジム」に派遣できる「競技(アスレティック)トレーナー」を作るか、部活をもつ体育の先生のような人が、研修などで知識を得るしかない。
●派遣型トレーナー
 実は派遣型のアスレティックトレーナーと言うのは存在している(自分もそんな感じだった)のだが、ジムに所属しているために非常に金額が高いそうだ。(トレーナー本人に入ってくる金額は少ない。)
 一度や二度で効果が現れるわけでもないトレーニング方法に、長期間高額の金額を支払ってまで雇おうと思うところは、よほどレベルの高い学校や、よほど勘違いしている団体しかないだろう。
個人の勝手な考えでしかないのだが、ジムがもつ「(高額であると言う)ブランド思考」がある限り、なかなか「競技(アスレティック)トレーナー」と言うものは広まらないのではないだろうか。ようするに、Win-Winの関係になっていないような気がしてしょうがない。

広めるためには

 「世の中に広めるを考えて、段階を踏まえてほしい」とまでは言わないが、もう少し順序良くやった方が効率も良いのではないかと思う。学校の指導者も研修に参加したり、勉強するのは余程の向上心をもたない限り面倒に思うだけで、ボランティア精神だけでは広まることは無いだろう。
このままでは広めるのは難しいだろう。
●資格と言う価値
 これまでの現状を考えて、皆さんは誰でも取得できる「トレーナーの資格」の存在価値をどのように思うでしょうか。もちろん試験や研修は必要になってくることは間違いありませんが、存在することで多大な利益と価値が出来ることは間違いないでしょう。
 長い時間をかけても段階を踏んでもいいわけですから、しっかりとした資格を作った方が良い様に感じます。
●あとがき
 長々と書きましたが、私が経験と聞いたこと、思ったことを書いただけで、どれだけの情報があっているのかは分かりません。あれだけ間違った情報が広まっていると言ったにもかかわらず、適当なことを広めているわけです。
 また、数日間にわたって記述しているために、敬語や内容が安定していない点も気にしないでくださいw
 これだから正しい知識が広まらないわけなのかwww


サブコンテンツ

Now Reading

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

スポンサードリンク

使用中の活動量計UP24

 アマゾンのタイムセールで2500円なら買ってみたいと衝動買いした代物。購入者レビューを見ずに買ったため、後から読んで壊れないか恐る恐る使っている状態。2016/5/29に使用を開始したのだが、サイズが女性用のS限定だったために腕に喰い込んで痛い。

その他活動量計

使用中の体組成計RD-902

 「トレーニングするならやっぱり正確に記録したい」と思い、重度の金欠病にも関わらず衝動買い。愛機のスマホnote3とでは連携できない可能性もあったのだが、人柱になるつもりで見事連携成功!2016/6/20から使用開始!!

 下にある大雑把なグラフがビリーの体組成。こんなわかりにくい連携じゃ流行りませんよ?タニタさん…(PCじゃないと見れません。)

ビリーの体組成

 これはあまりにも大雑把すぎるのでは…

Twitterにも連携していますよ

このページの先頭へ