アメリカ代表の試合を決勝以外見ていないので正確なことは言えないが、決勝を見る限り相当ななでしこ対策を準備してきたようだ。

アメリカ代表のなでしこ対策

 サッカーは一般的に間延びすると長いパスが増えるため、間に敵も入りやすくなりボールを取られやすくなる。
そのため全体的にまとまって移動しながら、短いパスを多様し、できればパス回数とボールタッチを減らす事を目標にするのだ。

間延びが成り立つ戦術

 3人の攻撃陣を中心に前方に配置し、普通なら2人ぐらいいそうな守備陣との間はポッカリと空いている。
その二人分を守備に回し、なでしこの人数をかけて攻撃する対策にしている。
攻撃陣は3人でも体格で大きく勝るため、長いパスが一度通れば(ポストプレイ)なでしこは早々にボールを奪い返せないのだ。
さらにアメリカが間延びをしているということは、パスが通った瞬間にディフェンスに戻る距離が増え、より一層走行距離を増やされることになる。
なでしこの俊敏性(瞬発力)を削ることで攻撃させないこともできる。
体格で大きく勝るアメリカ代表は、あえて間延びをすることでなでしこ対策を成立させたのだった。

大会と戦術

 試合が一度だけならばアメリカに勝つこともできるだろう。
戦術的にも技術的にもなでしこは世界で1位と言っても過言ではないと思う。
しかし、大会形式では疲労の蓄積は無視することができない。
それこそ選手層の厚さがあれば…と言う話になるのだが、「女子サッカーを文化に」と言う意味は選手層を厚くしたいということだろうか。

正しい分析のために

 選手は自分たちで冷静に分析し話すことも毎度「言い訳」として捉える人がいるが、代表になれもしない人がどうして世界2位になった人達を批判できるのだろうか。
日本人は矛盾した「美徳」をもつのが好きらしく、自分を棚に上げていることが多い。
文化が根付かない理由は、代表になれるような人達の冷静な分析を発言する機会を意味の不明な美徳で奪い去っているからだろう。
まずは選手たちの直感と印象をありのまま聞いてみたいものだ。