①Jリーグの審判の誤審と協会の誤算


 たまには更新しないと忘れ去られてしまうので、あくまで一人の観戦者として思ったことをやんわりと書きます。こんなことを思いながら観戦をすると、より一層面白くなるのではないかと思って書きました。

スポンサードリンク

世界の判断基準

 主に深夜BS1のみのサッカー観戦だが、ビリーもごくたまにJ1を目にすることがある。
見ることが無いのは、見る気がないからなのだろうか。
勿論自分よりは格段に上手い人達がプレーしてはいるのだが、どうも何か違和感を感じる。
 本当かどうかは知らないが、「日本は海外で当たり負けるということからサッカー協会の方針として、ファールの判断基準を上げている」のだそうだ。
アジアなど他国との試合などでは今までファールに逃れて済んでいたのだが、特にヨーロッパなど世界レベルではファールとして判定されない事が多発したために、ファールの判断基準を上げ、逃れる事ができないようにする思惑だ。
その方針は間違いないと思うのだが、「実際の審判の判断」はサッカー協会の思惑とは別の結果になっている様だ。

スポンサードリンク

Jリーグの判断基準

 というのも「強い当たりに対してファールを取らない」のではなく、足を引っ掛けるなど完全にファールなのにそれをファールとして取っていない、むしろ「ルール知ってるのか?」と思うぐらいに「取れていない状態」なのだ。
足ごとボールにスライディングをしているのにファールをとらないのを見たときは驚いた。
 プレミアリーグであろうとセリエA、リーガ・エスパニョーラ(昔の録画調べ)であろうと、強い当たりに対しては取らなくても、足が掛かるなど危険なプレイに対してはきっちりとファールを取っている。(ビリーTV観戦調べ。)
スポーツ番組でサッカーの得点シーンを見ていると、この完全なる誤審のせいでJリーグの勝敗がガラリと変わる試合がどうにも多いようだ。
ファールをファールとして認識されないのであれば、ルールが異なったスポーツと考えざるをえない。要するにサッカーじゃないでしょ?
あまりサッカーをしない人にも分かるように表現をすると、ただ荒いプレイと力強い当たりの間にはルールがあって、似ても似つかないということだ。
ボールと相手のマークマンの間に体を入れるのが力強い当たりである。
わかり易い表現になっただろうか…(続く)
 →次週;「誤審により影響を受けるもの」を考えておいて下さい。


サブコンテンツ

Now Reading

コンディショニングの本

当サイト管理人のビリー・トランクスが書いた本です。
ダイエットだけではなく、スポーツや体調管理など幅広く役立ちます。

参加ランキング

スポンサードリンク

Youtubeチャンネル

スポーツトレーニング研究室
チャンネル登録はこちらから!

使用中の活動量計UP24

 アマゾンのタイムセールで2500円なら買ってみたいと衝動買いした代物。購入者レビューを見ずに買ったため、後から読んで壊れないか恐る恐る使っている状態。2016/5/29に使用を開始したのだが、サイズが女性用のS限定だったために腕に喰い込んで痛い。

その他活動量計

使用中の体組成計RD-902

 「トレーニングするならやっぱり正確に記録したい」と思い、重度の金欠病にも関わらず衝動買い。愛機のスマホnote3とでは連携できない可能性もあったのだが、人柱になるつもりで見事連携成功!2016/6/20から使用開始!!

 下にある大雑把なグラフがビリーの体組成。こんなわかりにくい連携じゃ流行りませんよ?タニタさん…(PCじゃないと見れません。)

ビリーの体組成

 これはあまりにも大雑把すぎるのでは…

Twitterにも連携していますよ

このページの先頭へ