フィジカルトレーニング研究室

 『フィジカルトレーニング=筋力トレーニング』ではなく、筋トレを土台に競技の特性を身につけるトレーニングまでがフィジカルトレーニングです。

「フィジカルトレーニングとは」の記事一覧

⑤コーディネーションのズレとクラムジー

運動選手が3日間練習しないと感覚が変わるのはコーディネーションがズレている証拠。例えば疲労が溜まった状態でも体と感覚はズレた状態になります。ではクラムジーとは何でしょうか。 成長期に体と感覚がズレるコーディネーションがク […]

⑦高齢者の筋トレに障害となる「昔の常識」と「現在の常識」

「高齢者の筋トレは強度を下げれば良いだけ」と考えた貴方は大間違い。大きな病気や怪我の経験があるので、トレーニングメニューの作成は極めて難しいものとなるのです。 高齢者に多い「ストレッチの誤った知識と実践」 運動強度は人そ […]

④筋力系のゴールデンエイジ(16歳~)で筋トレが本格化!?やっと始まる体作り!

9歳前後から徐々に発達しやすくなる筋力系ですが、16歳を前後にピークを迎えます。16歳から数年は発達期が維持されるため、焦らずに筋トレに励むことができます。 筋肉系のゴールデンエイジ(16歳~)から始める筋トレ! 16歳 […]

③筋トレが成長の阻害になる!?ゴールデンエイジと筋トレの関係とは

12~15歳では神経系のポストゴールデンエイジですが、11~14歳では呼吸器・循環器系のゴールデンエイジに、15歳からは筋力系のゴールデンエイジになるため、この三つが重なる時期から本格的なフィジカルトレーニングが始まりま […]

②呼吸器・循環器系のゴールデンエイジ(11~14歳)は複雑な時期!?

心臓や肺といった呼吸器・循環器系は8~15歳の間に著しく成長しますが、特に10~14歳を呼吸器・循環器系のゴールデンエイジと言います。この時期は持久力のトレーニングに優位性が見られます。 呼吸器・循環器系のゴールデンエイ […]

①神経系のゴールデンエイジ(5~8歳)は動作の習得期!?年齢で変わるゴールデンエイジとは!

ゴールデンエイジとは発育発達に最適で、ピーク前後の時期のことを言います。かつて9~12歳をゴールデンエイジと言いましたが、現在では3種類のゴールデンエイジに分類され、他の年齢でも優位性を発揮するトレーニングが明確にされて […]

素早い筋トレが怪我のもと!?ゼロから始める筋トレとは!?

昔の常識で筋トレは運動競技のスピードに合わせて行ないました。そのため筋トレをすると怪我になると言われていました。今の常識では怪我をしないわけがありません。 本当に筋トレは怪我の元?競技と筋トレの関係とは! つまり素早いス […]

筋トレは怪我をしないために太くするだけ!?目的により異なる筋トレ方法!

筋トレの効果をどのように考えていますか?昔は怪我の元と考えられていた筋トレですが、やり方により怪我の防止につながります。 筋トレの目的とは 筋トレの目的は、最大筋力(MAXパワー)を上げるためと答える人が多いでしょう。 […]